アービトレーダー東京セミナーまとめ

2018/03/04、アービトレーダーのセミナーが東京都内で開催されましたので行ってきました。

私は既にアービトレーダーを運用中ですが、結論としては勘違いしていた部分もあり、
さらにアービトレーダーの凄さに改めて気付けたので参加して非常に良かったと思いました。

新機能のTRAP、UPDOWN、自動売買についてなど多くの収穫があったのでシェアしていきたいと思います。

セミナー内容まとめ

資金の偏りは逆アービが来るまでとにかく待つ

アービトレーダーを運用していくと必ずぶつかる壁が「資金の偏り」です。

これは意図的なエクスチェンジか、転送で解決するものと思っていましたが大きな間違いでした。

例えば、上記図のようにLTC/BTCのアービトラージが、POLOとBittrexで発生したとします。
アービが発生する時は長時間連続で発生することもあるので、このアービを連続で取り続けると、POLOのビットコインが枯渇し、Bittrexのライトコインも枯渇します。

しかし、まだアービ1%は表示されていて、今すぐにでも取りにいきたい状況です。

なぜならチャンスタイムだから取らないと勿体ないと思うわけです。

しかし、ここで焦ってエクスチェンジで資金を戻そうと、Poloで獲得したライトコインを売り、Bittrexでライトコインを買い戻すと、1%マイナスの利鞘が発生した状態で戻してしまうことになるのです。

つまり、今まで取った利益はすべてなかったことになります。

さらに、手数料が往復で0.3%発生するため、トータルでマイナス0.3%になります。

要するにエクスチェンジで戻すのは絶対にやってはいけないNG行為なのです。

転送も手数料がかかる上に時間がかかるケースがあるため、開発者はやらないようにと言っていました。

では資金が偏った場合どうするか!?

ひたすら逆のアービトラージ発生を待つこと

これに限るそうです。

上記のパターンでいえば下記のようなアービトラージです。

↑取引所が逆になっていますね。
この状態でアービを行えば、利益を乗せながら資金を戻すことが出来ます。

「え、逆アービ発生まで待っていられないよ」

と思うかもしれませんがこれが最良の方法だそうです。
逆アービは必ず訪れるのでひたすら待って下さいとのこと。

開発者が口を酸っぱくして言っていたのは「マイナスになることをわざわざやらないこと」でした。

それさえやらなければ100%資金は増えていくと。

マイナスになること イコール

  • エクスチェンジ
  • 転送

です。

オープンオーダーのキャンセルはやってはいけない

運用していると指値オーダーが約定せず、オープンオーダーに残る場合があります。

「オープンオーダーに残る」とは、
例えば1000円という価格で買いの指値をいれたのに相場がすぐに1100円に上がった場合、
1000では約定できずにオーダーが残ってしまうことを指します。

1000円でいれた指値がしばらく残ってしまい、3日後に2000円になったとしましょう。

そうすると「もう約定しないんじゃないか!?」と不安に思うものです。

また、

オープンオーダーに残る=資金が一時的に凍結

することになるため、ついついオープンオーダーをキャンセルし、次のアービトラージに備えたくなります。

しかし、このオープンオーダーキャンセルもしてはいけないとのことでした。

特に「売り」のオープンオーダーはビットコインを増やすための「要」となるので絶対にやってはいけないとのことです。

オープンオーダーは放置しておけば必ず解消する。

開発者はオープンオーダーで最長6か月残ってしまったことがあるそうです。

しかし、それは気にすることはなく、
必ず約定する日がくるから放置するようにと言っていました。

オープンオーダー=宝の山

という認識だそうです。

たしかに、オープンオーダーが解消する時は利益が確定する瞬間なのでたくさん残っていても約定さえすれば爆益を得られる瞬間が訪れます。

エクスチェンジで資金を戻そうとするのは絶対にやってはいけない。

先述しましたが、エクスチェンジで資金を戻そうとすることは絶対にするなと繰り返し言っていました。

今、発生しているアービに対し、
エクスチェンジをして資金を戻そうとすると、
マイナス利益の価格差で約定することになるからです。

では、なぜエクスチェンジ機能があるのか?

これは運用スタート時に資金を振り分けるため。

これ以外は基本的に使ってはいけないそうです。

オープンオーダーに残さないようにUPDOWN機能を使え

UPDOWN機能とはアービ発生時のレートよりも買いなら少し高め、売りなら少し安めに指値をいれる。
そうすることで注文が通りやすくなる機能です。

例えば、

KRAKEN(買い)→→→ POLONIEX(売り)
0.00008500 →→→ 0.00008800

というアービが出たら

KRAKEN(買い)→→→ POLONIEX(売り)
0.00008550 →→→ 0.00008750

くらいで指値を出してオーダーを通りやすくするという機能です。

デフォルトは0.05%で、
買いならアービ発生価格よりも0.05%高く、売りなら0.05%安く指値オーダーを出します。

UPDOWNと売買手数料の合計でマイナス0.4%となる。

UPDOWN機能を使った場合、実際のアービ発生よりも往復で0.1%のマイナスが生じます。

さらに、売買手数料が往復で0.3%かかるので、アービトラージの取引時の経費の合計はマイナス0.4%となります。

つまり、1%のアービトラージ1回につき、純利益は0.6%となります。

TRAP機能は革新的なもの

新しい機能で「TRAP」というものがあります。

これはその名の通り、TRAP(罠)を仕掛けることで、意図的に利鞘を抜いていこうというものです。

例えば、TRAP2%に設定しておくと、
現在価格に対し、利益率2%のところに買いと売りの指値オーダーを仕掛けます。

そして、相場が動き、指値にかかった時点で約定します。

この機能が結構使えるそうで、
寝る前に2%のTRAPを仕掛けておいて朝約定していることは多々あるとのことです。

KRAKENは現在良好にオーダーが通る

去年はKRAKENのAPIエラーが頻繁に起きていて使い物になりませんでしたが、
システムの改良をしてくれて現在は良好にオーダーが通るそうです。

KRAKENはアービトラージの発生しやすい取引所なので、
APIエラーが解消したのであれば積極的に使いたい取引所となります。

しかし、現在はYOBITにエラーが頻発しているそうです。

POLOとBitterxは確実に通り、エラーなしとのこと。

エラーが出やすい順番は、

Yobit→Liqui→KRAKENとなります。

最初にすべき運用方法

私の認識ではすべての取引所、すべての通貨を均等に振り分けるのが良いと思っていましたが、
すべての取引所、すべての通貨で回すとすぐに資金が枯渇するため、最初はオススメしないとのことでした。

そこで運用当初の推奨は、

例えば全体資金1ビットの場合、

POLO
BTC=0.5btc

Liqui
ETH=0.25btc分

Kraken
LTC=0.25btc分

まずは上記のセットで始めるのがいいと仰っていました。
※LiquiとKrakenのETHとLTCは逆でも良いとのこと。

まずはこれで回し、

利益が増えてきたら、

BittrexのXRPを追加。

最後のステージとしてYobitを追加する。

という流れで進んでいくのが良いとのことでした。

個人的には現在のYobitはエラーが頻発するので不要でも良いかなと思います。

エラーの発生しにくいBittrexを最初のオススメ設定に入っていないのは、
Liqui、Krakenがアービトラージが発生しやすい取引所だからです。

アービトレーダー自動売買について

2月24日にアービトレーダーの自動売買システムの提供がスタートしました。

使用出来る条件は、

アービトレーダーを自分以外の誰か1人に紹介すること。

です。

アービトレーダーのシステム内に紹介リンクを発行できる箇所があるので、
そこで作成したリンク経由で誰かが購入すればOKとなります。

アービトレーダーは年間ライセンスで398,000となり、
1人の紹介を出すと100,000のバックがあります。

開発者曰く、オート機能はあまりに完璧な錬金術のため、
最初は1億、2億でも売らないと考えていたらしいです。

ただ、「開発者はオートで回しているのに、なぜユーザーは使えないの?」という声が多数あり、
あまりにユーザーからの視線が痛いとのことで、1人紹介という条件で提供することにしたとのことでした。

1回の取引ビットは0.01ビットを推奨

これは特に自動売買に関してなんですが、
より多くの取引をすることで、平均利益(パーセンテージが)上がることから、
出来るだけ少ないビットで数多く回す方がいいとのことです。

これは、逆アービを拾える回数も必然的に増え、資金が枯渇しにくくなるメリットもあります。

開発者の運用成績

セミナーで公開された開発者の実績では、
約11ビットの自動売買運用、0.1ビット掛けで11月19日からの1ヶ月で
完全放置で約2.5ビットの利益となっていました。

完全放置で2.5ビットはかなり美味しいかと思います。

セミナーの内容は以上となります。
私自身は既に自動売買システムをゲットしているので早速明日から回していきたいと思います。

また、運用結果などはこちらにアップしていきます。

それでは。

\ついに完成/
FX三種の神器

「なぜこれが無料?」という声多数。
一撃100pipsは当たり前、初心者が迷わない唯一のツール&トレードマニュアル(PDF 32P)

さらにコアな情報をゲット
ブログ公式LINE@

ブログでは言えない稼げる投資情報を複数持っています。ご興味のある方はLINEで♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ブログ管理人。FX歴2007年~、トレード手法で使うのは水平線、ダイバージェンス、ヒドゥンダイバージェンス、プライスアクション、フィボナッチ。FXの月間最高実績2500pips、最近は暗号(仮想)通貨にハマり主にアルトコインに分散投資中。FX&暗号通貨好きな方との情報交換を欲している。