「統計競馬」競馬買い目配信サービスのレビューと2016年10月の成績

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
※この記事は1328で読むことが出来ます

2016110501

2016年5月、
知人から競馬で8年負けていない猛者がいるとの情報を聞き、
彼の買い目配信をサービス化するので是非紹介して欲しいとのことで、
まずはテスト検証を行うことになりました。

※2016年12月9日、完全自動売買ソフトの「オート統計競馬」をリリースしました。

※オート統計競馬の詳細

統計競馬とは!?

以下が販売ページとなります。
統計競馬の販売ページはこちら

この案件は競馬の買い目配信サービスで、
競馬歴30年、理論確立から8年ものあいだ、勝率90~95%
年間、月間、週間で負けなし
無類の強さを発揮している重鎮、Mr.XXX「買い目を明確に指示してくれる」月額課金制のサービスとなります。

買い目の選択には「統計学」を用い、
配信者はJRA公認の→オッズマスターグランプリで5年連続ランキング5位以内とのこと。

オッズマスターグランプリとは!?

JRAが主催する購入した式別や的中したオッズなどをポイントに換算し、
獲得ポイントによって、ランキングを競うキャンペーン。

エントリー数は何と10万人超

Mr.XXXは10万人を超える参加者の中、5年連続で年間5位以内にランクしている。

→オッズマスターグランプリ

統計競馬の運用の流れ

手順はたったの3つです。

  1. サービス申し込み
  2. レースの5分前にメールを受信
  3. 即PATで投票

となります。

競馬未経験の方はご存じないと思いと思いますが、馬券購入はすべてネットで完結します。

ネット投票にはJRAのシステム、即PATを使用します。

即PATとは!?

即PATとは「ジャパンネット銀行」「楽天銀行」「三井住友銀行(SMBCダイレクト)」「三菱東京UFJ銀行」「住信SBIネット銀行」「ゆうちょ銀行」のいずれかの口座をお持ちであれば即日登録が可能なJRAインターネット投票サービスです。
登録が完了すれば、パソコン・スマートフォン・携帯電話から勝馬投票券をご購入いただけます。

競馬を始めるのであれば即PATは必須ですので申し込んでおきましょう。
3分で終わります。

→即PATの開設はこちら

「ジャパンネット銀行」「楽天銀行」「三井住友銀行(SMBCダイレクト)」「三菱東京UFJ銀行」「住信SBIネット銀行」「ゆうちょ銀行」

いずれかの銀行口座をお持ちでない方はそちらも合わせて開設が必要です。

競馬に統計学は通用するのか

先日このような問い合わせをいただきました。

馬という生き物、
騎手という生き物

生き物が行うレースでそもそも勝ち続けることが出来るのか?
そして、競馬に統計学は通用するでしょうか?

確かに、そう言った意味では競馬を予想するのは難しいのかもしれません。

しかし、私はこう思うのです。

FXや株を含むすべての「投資」は人間が絡んでおり、
我々人間も生き物である。
つまり、あらゆる相場というものは生き物が作ってきたものだと。

そして、結局のところ、統計学を用いない限り投資で勝つことは出来ない。

と。

FXや株、その他投資で勝っている人間は皆、少なからず統計学を用いています。
ローソク足、価格、テクニカル分析のすべては統計学です。

また、ファンダメンタルズ分析も突き詰めれば統計学でしょう。

ベストセラーになった書籍に、

「統計学が最強の学問である」

があります。

この書籍にはあらゆる学問のなかで統計学が最強であると書かれており、
未来予測は統計学で出来ると断言しています。

競馬も何も考えずに予想するよりは、
オッズ、血統、適正、会場、馬齢、レースの頭数など、
過去のあらゆるデータを用いた統計を使う方が間違いなく勝率は上がるというのは言わずもがなです。

それを突き詰めたのが8年負けていない猛者、Mr.XXXなのです。

統計競馬のテストモニターの検証結果

この記事を書いているのは2016年11月10日になります。
以下が直近1ヶ月で実際に私が受けた配信の内容です。

掛け金は配信通りの1万円で掛けていますが、
これくらいの的中率であればもっと上げたくなります。

10/01

配信ナシ

10/02

中山第2レース 的中
種類:3連複
掛け金:10000円(18点)
払い戻し:16720円

回収率:167.2%

10/08

東京第2レース 不的中
種類:3連複
掛け金:10000円(19点)
払い戻し:0円

東京第7レース 的中
種類:3連複
掛け金:20000円(22点)
払い戻し:45600円

回収率:152%

10/09

配信ナシ

10/15

東京第9レース 的中
種類:3連複
掛け金:10000円(10点)
払い戻し:20200円

回収率:202%

10/16

配信ナシ

10/22

東京第3レース 不的中
種類:3連複
掛け金:10000円(11点)
払い戻し:0円

新潟第7レース 的中
種類:3連複
掛け金:20000円(12点)
払い戻し:38970円

回収率:129.9%

10/23

京都第6レース 的中
種類:3連複
掛け金:10000円(12点)
払い戻し:16800円

回収率:168%

10/29

京都第1レース 不的中
種類:3連複
掛け金:10000円(8点)
払い戻し:0円

京都第6レース 的中
種類:3連複
掛け金:30000円(2点)
払い戻し:38500円

回収率:96.3%

10/30

京都第7レース 的中
種類:3連複
掛け金:10000円(18点)
払い戻し:14960円

回収率:149.6%

2016年10月合計収支

+51,750円

※あくまで公式結果の1万円スタートでの終始であり、資金に応じて上記の数倍~数十倍が見込めます。

「統計競馬」2016年11月の成績はこちら

統計競馬の掛け金について

掛け金を見ていただければお気付きになると思いますが、
不的中の次のレースは掛け金が倍になる、マーチンゲール方式となっているのがわかるかと思います。

このマーチンゲールについて不安な人も多いかと思いますので、
事務局に質問したところ、以下の回答がありました。

事務局からの回答

特にFXをやってきた方であれば、
その辺の心配をする方もいるかも知れません。とは言え、統計競馬は自動売買ではないので、
勝手にナンピンがされてしまうわけではなく、
購入する人間がどうするか?という話しです。

「統計競馬」では、配信者の方針にしたがい、
ナンピンマーチンゲール方式を採用していますが、
それは、ナンピンをしても後のレースで取り戻せるという 自信の表れの裏返しです。

先ほどもお伝えしましたが、
配信者に確認した年間を通してのイメージは、

1レース目で決着が付くのが30%
2レース目で決着が付くのが30%
3レース目以降で決着が付くのが40%

とのことで、ほぼ4レース目までに決着が付きます。

「統計競馬」は、あくまでも、
「精度の高い買い目配信」となります。

したがって、ナンピンマーチンをしたくなければ、
別にしなくても良い話しで、常に1万円など、
決まった金額を賭け続けている人もいます。

ただ、その際に注意が必要なのは、
一度、負けた後に、次のレースが配信されるとき、
賭け金総額は倍額で計算されているので、
実際に購入する際は、その半分にすることです。

精度の高い買い目配信であることは間違いないので、
リスクのところでも説明しましたが、
どれだけのリスクを取ってリターンを得ようとするのかという
人それぞれの資金管理で適切に取り組んでくだされば、
良いと思います。

要はマーチンはあくまで推奨であって、
したくなければしなくても良いということです。
ただ、4レース目までにはかなりの高確率で当たりますから私はマーチン(倍掛け)でいいのではないかと思っています。

大負けした際のシミュレーション

統計競馬では最大で1日4レースの買い目配信があるようです。

仮に1万円スタートであれば、

1万円
2万円
4万円
8万円

となり、
4レースすべてで負けた場合、トータルで-15万円の損失です。

これを許容出来る金額(二日目に勝負出来るよう30万円)を所持していればまずは安心という解釈も出来ます。

二日連続で負けることはまずないでしょう。

もちろん、掛け金を

5000円
1万円
2万円
4万円

とするならば、その日のトータル損失は-75000円となり、
二日目の勝負を考えれば所持金は15万円あればよしということになります。

参加者が増えてオッズが下がることはないのか?

よく他の配信サービスでありがちなのが
「配信直後にオッズが変化してしまい、配信の指示通りに買っても勝てなかった」

という点です。

この点について販売ページには以下のように記載されています。

統計競馬の優れている点は
その注文方法にあります。

賭けるときは一点集中では無く
「エリアで買う」のです。

無料登録後に注文方法について詳しく解説しているため
ぜひ参考にしていただきたいのですが
エリア買いの場合は1つの買い目に対しての額が極めて小さくなるため、
注文が集中したとしてもオッズが崩れにくいのです。

だから全員が同じように利益を上げることが期待できるのです。

実際に配信を受けてみると、確かに10数点〜20点ほどが平均の買い目の数となっており、金額が分散されています。
さすがに数千人規模で賭けてしまうとオッズが崩れそうですが、数百人程度の規模で運営するのであればそこまでオッズが大幅に崩れるということはないのではないでしょうか。

ただし今後、オッズの維持の面を考慮し、このサービスがある程度の人数で打ち切られる可能性は十分にあると思います。

統計競馬の優位性

配信を受けている期間だけで見ると正直恐ろしいほどの的中率です。
現段階で2回連続で外れたことはありません。

配信者が8年連続で週単位負け無しというのも嘘ではないというのを実感しています。

配信を受けてみないと実感が湧かないと思いますが、管理人としては競馬でここまで勝てるとは思ってもみませんでした。

ただ、マーチンの危険性は常に考慮しないとだめですね。
もし資金が15万円ほどしかなく、運が悪ければサービスを受けて初日に資金が飛ぶ可能性があります。

所持金15万円で半額掛けであれば75000円が1日で飛ぶことになります。
2日連続で負けることはないと思いますが、75000円をリカバリーするには半額掛けでは2ヶ月くらいかかるでしょう。

配信通りの1万円掛けスタートなら余剰資金30万以上がベストです。

満足のいく利益を得るにはどれくらいで掛けるのが良いか

統計競馬は1回のリターンは掛け金の1.5〜2.5倍という印象です。
1万円掛けたら15000円〜25000円くらいになって返ってくる。

つまり掛け金を除いた利益は5000円~15000円といったところです。

これが1ヶ月、8日間続くと、利益で4万円〜12万円となります。

月4〜12万円の利益で満足出来ればいいですが、気持ちとしてはもう少し稼ぎたいですよね。

理想は30万円以上。というのが読者様の本音だと思います。

月に8日間ピコピコするだけで30万。
これは中々美味しいと思います。

では、30万の利益を出すにはいくらで勝負すれば良いでしょうか。

先に申し上げた通り1万円掛けで4〜12万円ですので、
掛け金が3倍の3万円であれば、12万〜36万円となります。

これくらいであればサービス料3万円を差し引いても納得のいく利益に近くなるのではないでしょうか。

では3万円掛けスタートで4レース負けた場合のリスクはどうなるか?

1レース目:-3万円
2レース目:-6万円
3レース目:-12万円
4レース目:-24万円

トータル-45万円

となります。

いきなり最悪のケースが出てしまう可能性は少ないですが、
45万円飛ぶ覚悟がないと3万円スタートは難しいでしょう。

翌日の投票のことも考えると、所持金は倍の90万が必要です。

つまり、

100万円あるなら3万円スタートができ、毎月30万円という数字に近い利益を得られる可能性が高い

と考えられます。

「結局100万必要なのかー」

とがっかりされないで下さいね。

管理人の検証では2レース目で外れたことはないので、

9万円あればこの30万稼ぐ理論は実現するかもしれませんよ。(あまり推奨はしません)

※ちなみに9万円の内訳は、

1レース目:3万円→負け
2レース目:6万円→勝ち

ですね。

これが続けば毎月30万円稼げる可能性があります。

統計競馬の決定的なデメリット

統計競馬の最大のデメリット、それは、

「投票入力を間に合わせるのに相応の技術と瞬発力が必要」

という点です。

慣れてさえしまえば出来るのですが、即PATを触ったことがなかったり、競馬に関して全くの初心者であればかなり難しいレベルと言わざるを得ません。

その理由として、統計競馬は「オッズ」を使った投資法のため、
レース5分前の配信になります。

つまり、たった5分(厳密には4分)ですべての買い目と金額の入力をしなければなりません。

ちなみに配信の内容は下記のような感じです。

2016/11/06 13:13:01発行馬券配信
東京 第7レース 種類:3連複 掛け金:¥20,000
馬番 掛け金   オッズ
03-06-12 ¥1,400   23.8
03-06-10 ¥1,400   25.1
01-06-08 ¥1,300   25.5
06-08-12 ¥1,300   25.5
03-08-12 ¥1,300   25.6
03-08-11 ¥1,300   26.5
03-08-10 ¥1,300   26.7
06-08-10 ¥1,100   29.9
03-06-11 ¥1,100   32.3
06-08-11 ¥1,000   33.3
03-05-06 ¥900   40.7
03-08-09 ¥800   41.5
03-05-08 ¥800   43.0
03-06-09 ¥800   45.0
05-06-08 ¥700   50.0
06-08-09 ¥700   53.8
01-03-10 ¥500   66.4
01-03-12 ¥500   71.3
03-06-07 ¥500   76.2
03-07-08 ¥500   78.7
01-03-11 ¥400   82.7
06-07-08 ¥400   86.6

合計22点。

少ない時は10点や5点くらいの時もあるのですが、ここまで多いと結構大変です。
すでにこのブログからの参加者の方でも入力が追いつかないというお問い合わせを多数いただきました。

それでも管理人が統計競馬を推奨する理由

結論として、それでも私は 統計競馬はオススメできるサービス と断言します。

まず、これまでの検証結果で単なる予想ではないと実感したのは言うまでもありません。

統計学恐るべしです。

そして、唯一の欠点である、

「投票を間に合わせるのに技術が必要」

という部分ですが、これを完全に解消するツールを私が開発しました。

事務局からくる配信内容をコピペ→ボタン一発で投票が出来る半自動ツールです。

これがあればどんなに買い目の点数が多かろうが30秒以内に投票できます。

しかもミスなくです。

ミスなくとういうのが重要で、
せっかく配信された内容を焦って入力していると必ずいつか間違いが起こります。

入力ミスで本来当たるものが外れた時の悔しさは計り知れないですよね。

今回、当ブログからのご購入者にはこの半自動ツールを無料で差し上げることにしました。

統計競馬はFXや株と違い、「土日」という空白を使ってひとつの収入源を作る、素晴らしいサービスになることを確信しています。

サービス料はそこそこしますが、それを補って余り売る恩恵を得られるはずです。

オリジナル特典

繰り返しになりますが当ブログからのご購入者には以下の特典をお渡しします。

統計競馬専用、自動投票ツール

統計競馬の買い目配信は時に20数点と買い目点数が多い場合がございます。
これらはレース5分前に配信され、締切までの4分間ですべて入力しなければなりません。
これには実際のところ、かなりの素早いPC操作と正確な入力スキルを必要とします。

本ブログの特典である下記自動投票ツールを使用しますと、たったの15秒で正確な投票が可能になります。

 

統計競馬には必須のツールであると自負します。

お手持ちの資金に合わせた自動計算機能も備えています。

特典を受け取るためのご購入方法

手順1:下記のリンクより販売ページにいき、サイトを閉じることなくお申し込み下さい。

※統計競馬(自動投票ツールつき)

購入直前のページで、以下の表示がされているのをご確認下さい。

tk360tan

※表示がなければ特典はつきませんのでもう一度やり直していただけますようお願いします。

手順2:下記リンクより特典の受け取り申請をお願いします。

※特典請求フォーム


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*