※この記事は533で読むことが出来ます


マーケットが北朝鮮起因の地政学リスクに気をとられているうちに、英国のメイ首相がこれまで否定していた議会の総選挙を6月8日に実施すると発言したことからポンドは大揺れとなり、初動は大きく下げたものの、その後一気に買い戻されて、ポンドドルもポンド円も大きな上昇を示現することとなりました。

メディアの第一報では18日の日本時間午後11時過ぎにメイ首相が何か声明を発表するという内容で、事前の情報を何も持たないマーケットは、もしや辞任か?と疑ってポンドは大きく売り込まれることとなりました。

しかしその後6月に議会を解散する意向であることが伝わると、相場は一転し買戻しが進み久々にポンド主体で相場が大きく荒れることとなったのです。

※GBP USD 1時間足


※GBPJPY 1時間足

本邦個人投資家が多く取り組んでいるポンド円でも短期間に3円近い上昇を示現することとなり、日ごろでも大きな動きを見せるポンド円が久々に火を噴くような上昇を見せることとなりました。

しかし、なぜ今、この時期に総選挙を実施する必要があるのか、海外の投資家にとってはいまひとつ理解しにくいところがあるのもまた事実です。

そこで今回は、メイ首相の発言の背後にあるものと、ここからの動きについてまとめてみたいと思います。

続きを読む