為替

2017年、日米の為替と株と債券の関係をまとめてみた

※この記事は552で読むことが出来ます

2017年3月15日のFOMCをはじめとして様々なイベントをこなし、為替相場はまた新たなテーマを探す時間帯にさしかかってきていますが、ここからは債券と為替との関係株価との関係をチェックすることが為替の先行きを想定するために重要になってくると思われます。

そこで今回は債券と為替、株価との関係をドル円を中心に見てみたいと思います。

続きを読む

2017年年明け前半の為替相場の注目ポイントについてまとめ

※この記事は534で読むことが出来ます

20170101

2016年為替相場は大きく変動しましたが、後半からトランプ相場が継続中です。
果たしてこのままの勢いで2017年もトレンドがでるのかどうかについて具体的エレメントを出しながら想定してみたいと思います。

為替市場としては2015年に比べてもかなり大きな動きとなったのが2016年でしたが、年末はさらに走る相場が期待されたものの大きな動きを示現すること無く幕を閉じました。
残念ながらドル円はl20円に届いて年間で陽線引けになるほどの上昇力が出ませんでしたし、NYダウも2万ドルはお預け、当然日経平均も2万円は幻のままで市場期待の掉尾の一振も現実のものにはならないまま2016年が終了しました。

2017年は様々な要因が為替市場に影響を与えることになるため、単純にトレンドの出る相場ではなく、かなりボラティリティの大きな相場展開が予想されます。

この段階では1年を見通すことはなかなか書けないのが実情ですがまずは2017年前半の半年での相場展開の注目ポイントについてみていきたいと思います。

2016年の後半1ヵ月半の爆騰状態を思えばまだまだドル円や上昇トレンド、ユーロドルは下落トレンドが加速しそうな気分になりますが、年が明けますとコロっとセンチメントが変化することもありますので、相場の変化にも気を遣う必要があります。

続きを読む

夏相場の下落はいよいよ月末から?8月後半の動きを考える

※この記事は527で読むことが出来ます

2016080601

7月後半から8月初旬の各国中央銀行政策会合をこなしていよいよ相場は夏休みに突入した感が強く、ほとんど凪の展開が継続しつつあります。しかし秋口に向けては着々と株も為替も下押しの準備を始めているように見え、こうした相場展開に向けてそれなりの対応をしておく必要が出始めているといえます。

続きを読む

参議院選挙後、大型経済対策期待で株と為替は本当に上昇するのか?

※この記事は730で読むことが出来ます

2016071501

参議院選挙が大方の事前予想通り与党大勝で終わり、その後の相場がどう展開されることになるのか注目が集まりましたが、週明けの11日に正式に10兆円規模の経済対策の話が首相の口から飛び出した途端に日経平均もドル円も大きく値を戻す展開が続いています。

しかし、これで秋口まで相場は果たして上昇過程に乗ることができるのでしょうか?
今回はこの点に着目してみることにします。

続きを読む

マイナス金利導入後2ヶ月経過、その影響と弊害とは!?

※この記事は627で読むことが出来ます

20160328_01

日銀が2016年1月29日にマイナス金利を突然発表して以来、その効果について様々な評価が登場しましたが、発表から2ヶ月が経過してマイナスの側面のほうがはるかに大きいことが見え始めており、とくに金融市場が引き続き大きく混乱していることが明確になってきていることがわかり始めています。

続きを読む