日本ではニッチな層を狙えばビジネスが成り立つ

東京オリンピックの開催が決まり、日本という国は世界中から更なる注目を集めています。
そしてオリンピックをきっかけに、カジノ誘致の話や、原発再稼動など、経済に大きく影響がある話題が、日本にはまだまだあるのも事実です。

そのような中、改めて世界が日本を注目している理由がもう1つあります。

それは、「日本人はニッチな層が好き」と言うことです。

ここに注目して今後の日本のマーケットや展開を予想すると未来が見えてきます。

1、日本人特有の感情が狙われている

日本人特有の感情と言われると、多くの人はどのようなことを言っているのか分からないと思います。

日本人特有の感情とは、

「気配り」「目配り」「思いやり」

この3つの感情のことを表しています。
なぜ、このような感情が狙われているかというと、日本人は小学生の頃から今までずっと、他の人と違うことをやることを良いこととは教わってきてはいないのです。

「周りの人を協調して、互いに思いやり、協力して生きていく」

このように教わっているのが現状です。このようなことが悪いこととは言いません。
しかし、日本での開業、出品を考えたときこの感情は大きく参考になります。

2、珍しい物好き

現代の若者のファッション傾向を見ても、日本人は特に個性を出そうとはしません。
その事実は、今の学生のファッションなどにも現れています。

私は日本を離れて10年以上なのですが、いつも空港などで見る日本人の観光客を見てあまりにもみんな同じ髪型や格好をしているのに驚いています。
この前は50人以上の学生の団体が、みんな同じ制服を着ていて同じ髪型、(茶髪&バサバサカット)でぞろぞろ出てきてクローン人間が沢山いるっ、と思ってしまいました。
こちらの人達もみんな見て驚いていました。
日本ではもう髪を染めていない自然美の方はいないのでしょうか?
(はずかしながら私の母親も染めています。)上げ底靴(というのですか?)が流行った時はみんな日本人観光客に指をさして笑っていました。

(http://oshiete.goo.ne.jp/qa/531815.htmlより引用)

このように日本を10年近く離れていて日本に戻ってきた人などは、日本の若い学生を見て上記のような感情を抱いているのです。

このような現象は経営を進めていく上で企業にとっては大きく参考になります。

そして、日本人は流行に敏感です。

テレビで取り上げられたり、海外の有名モデル(ミランダカー等)が使っている、愛用しているという話を耳にすれば、そのような人たちに使われてる商品は大流行します。
その例を取り上げると、コールドプレスジュースがあげられます。
コールドプレスジュースとは、特殊なミキサーで野菜や果物を押し潰し、素材が持つ水分だけでつくられるジュースのことを言います。

この商品は、海外モデルや日本で活躍しているローラが愛用していることから有名になり、若い人の間では大人気の商品になっています。
そして一番注目していただきたい部分はコールドプレスジュースの値段で、1杯1500円です。

日本の一般的な主婦たちは、1杯500円近いコーヒーを飲むのを躊躇する世の中なのに、1杯1500円もするジュースを若い学生は「今はやっているから、モデルがやっているから」とこのような値段の飲み物を購入してしまうという現実が、多くの企業にとってはチャンスになります。

価格を下げなくても流行をつかめば大ヒット商品を生み出せるチャンスが大きい市場と考えている企業が多く日本での展開をたくらんでいます。

3、東北大震災後の環境問題への過度な心配

東北大震災のときに福島第一原発事故が起きてしまい、このことによって日本人は環境問題について過敏に反応するようになりました。

原発の事故は絶対に今後起きてはならない事故です。

しかし、起きてしまったからには、一般消費者が環境問題に関して過度に反応してしまうのも必然と言えます。

「原子力発電所を不必要にするには?」

と言う営業トークでソーラー発電の営業を強化した企業は多くあり、実際にこのような企業は多くの利益をあげているのです。
そのような企業を例に出すと、ウエストHLDがあげられます。

太陽光発電システムをはじまりとして、
今後大きな需要が見込まれるエネルギー分野に関連した船舶とコンテナ、
不動産などを活用したタックスインセンティブ商品を組成、販売し、
成長企業の支援を行っていきます。
(http://www.west-gr.co.jp/business/energy_fund/より引用)

ウエストHLDは上記のような事業を展開しており、大きく利益を上げ続け今後も成長を望める企業と言えます。

このようなことから実際にニッチな層に注目して利益をあげている企業を紹介します。

4、特殊家電、高級調理器具の大ヒット

特殊家電で大ヒットを上げた会社は、ダイソンレイコップです。

ダイソンの掃除機はデザイン性や性能にこだわり通常の掃除機の3~4倍の価格設定がされています。
しかし、ダイソンの掃除機は多くの日本人に愛用されているのです。

顧客が納得いくまで商品を説明し100%の顧客満足度をモットーに大人気商品となりました。

そして、レイコップを代表する家電は布団掃除機です。
布団に限定した掃除機となると多くの人をターゲットにすることは出来ませんが、レイコップはニッチなそうに目を付けて販売をスタートしました。

価格も6万円弱と高く設定されて一見買う人がいるのかと思いますが、レイコップの布団掃除機は1年で、931万台を販売し家電業界の中でも唯一売り上げを伸ばしている存在に成長しています。

日本には、良い商品を提供すればお金に目を付けないお客様は多く存在しているのです。

環境や健康に特化した商品を販売し顧客に納得できる説明をすれば、日本というマーケットはニッチな層への営業だけで成り立ってしまうものなのです。

5、外資系企業からはカモが多いと思われている日本人

日本人はパンケーキやポップコーンなど海外から新しいものが入ってきたりすると、炎天下や雨が降っていても何時間でも並んで購入しようとします。

ディズニーランドでもアトラクションに乗るためとなると1時間以上並んで乗ることにためらいを持ちません。

そのような日本人を外資系企業がしたたかな目で見ていることも事実です。

日本で事業を展開する外食チェーンの幹部は「実験的なものを好む傾向が日本人にはある」と話しています。

米国の社会学者、エベレット・M・ロジャーズ教授が提唱したイノベーター理論では消費者を新商品購入の早い順に5つに分類しています。

その中で最も流行に敏感なイノベーターとそれに続くアーリーアダプターは一般全体の16%とされると発表していますが、ある家電業者の話では、日本人は流行に敏感な層から一般の層まで広がるスピードが圧倒的に速く新しい商品が受け入れやすいと分析しているのです。

特に清潔や気候の変化にはお金をかけるといわれていて、
洗剤や洗濯機のことを例に出すと、洗剤力について認証期間からお墨付きを得られれば水戸黄門の印籠のように効くと業界内では言われています。

公的な評価を得たものを盲目的に信じるのも日本人の国民性と言われ狙われる対象になるのです。

国内外の企業がひしめき合い難しい市場だと参入をあきらめる企業がある一方で「一発当てたら大きい」と攻めてくる企業も年々増えています。

6、日本は環境がいい

多くの起業家にとって日本は魅力的に映っています。

起業家にとって憧れはシリコンバレーで資金調達も容易で人材も確保しやすいと考えられていました。

しかし、最近はシリコンバレーよりも日本を選ぶ起業家が増えています。
その要因としては、まずオフィス環境の良さです。本社を台場に置いたと仮定したら、東京駅や新宿まで30分以内でいけることや、東京丸の内なら効率的に顧客を訪問でき営業効率もあげられます。
住宅環境にも東京は優れていて社員全員を近隣に住ませることができ、自転車で通勤できるのです。

そしてシリコンバレーとの大きな違いは人材確保にあり、シリコンバレーでは本来払うべき給料の2割増しで支払いをしても定着してくれる社員は少ないですが、日本ではそのようなことはありません。
多少ボーナスを支払うだけでも喜んで社員が集まってきてくれます。

このようなことから、世界の起業家は今、シリコンバレーよりも東京で起業をしたいという人たちが毎年増えている現状です。

まとめ

多くの人から支持を受ける必要はありません。

日本ではニッチな層を狙うだけでも十分にビジネスが成り立ってしまいます。
日本から世界に羽ばたく企業が出てこないのも、日本の市場が大きく世界で勝負をしなくても十分に利益を上げることが出来てしまい、その現状が日本で世界的企業の誕生を邪魔しているのです。

ニッチな層をどれだけ上手に掴み人気を得るかが今後の日本では重要なポイントになっています。
ですから、就職で企業を選ぶとき、企業を考えているとき、株で銘柄選びをするとき、ニッチな層でどのようなものがヒットをしていくか考えて行動していくと、いずれ大きなチャンスを掴むことが出来るでしょう。

\ついに完成/
FX三種の神器

「なぜこれが無料?」という声多数。
一撃100pipsは当たり前、初心者が迷わない唯一のツール&トレードマニュアル(PDF 32P)

さらにコアな情報をゲット
ブログ公式LINE@

ブログでは言えない稼げる投資情報を複数持っています。ご興味のある方はLINEで♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

佐藤 まさむね

ブログ管理人。FX歴2007年~、トレード手法で使うのは水平線、ダイバージェンス、ヒドゥンダイバージェンス、プライスアクション、フィボナッチ。FXの月間最高実績2500pips、最近は暗号(仮想)通貨にハマり主にアルトコインに分散投資中。FX&暗号通貨好きな方との情報交換を欲している。