ロジカルFX検証4日目

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
※この記事は235で読むことが出来ます

logicalfxtop

インディケーターを一切表示させず、水平線のみを使ったトレード手法『ロジカルFX』の検証4日目の結果報告を致します。(すべてをまとめた詳細レビューはこちら

トレード結果をお伝えした後、環境分析の解説をしていきます。

トレード結果

ポジション

EUR/USDロング

結果

+45.0PIPS(合計152.4PIPS)
通算:合計152.4PIPS 4勝0敗

エントリー

日付:2015/06/10(水)23:15
価格:1.12261

エグジット

日付:2015/06/12(金)04:36
価格:1.12711

環境分析の解説

それでは、ロジカルFXの手法に基づいて環境分析をしていきます。
なお、ラインの色による違いは以下の通りです。

日足のレジスタンス/サポートライン
黄色4時間足のレジスタンス/サポートライン
1時間足のレジスタンス/サポートライン
水色15分足のレジスタンス/サポートライン

※太線はその時間足で何度も機能しているラインです。

緑色:エントリー&エグジット
:ストップ(損切り)&リミット(目標)
※縦線はエントリー時間とエグジット時間を表しています。

日足

白の丸を見ても分かる通り、高値安値が上がったり下がったりしています。
そのため、レンジと判断。

20150612_lg_D1

4時間足

黄色の丸を見ても分かる通り、高値安値が上がったり下がったりしています。
そのため、レンジと判断。
サポートの反発を受けている状態。

20150612_lg_H4

1時間足

紫の丸を見ても分かる通り、高値安値が上がったり下がったりしています。
そのため、レンジと判断。
4時間足で機能しているサポートが1時間足でも意識されている。

20150612_lg_H1

15分足

水色の丸を見ても分かる通り、高値安値が切り下がっています。
そのため、下降トレンドと判断。
4時間足、1時間足で機能しているサポートが15分足でも意識され反発している。

20150612_lg_M15

各時間足からの総合判断

日足:レンジ、4時間足:レンジ、1時間足:レンジ、15分足:下降トレンド
全体的にレンジ相場だが15分足では下降トレンド。
4時間足、1時間足、15分足の重複しているサポートが機能しているため下へは抜けずらい状態。
多数決の原理で考えると、ロング有利。

エントリー理由

5分足で反発して上昇していく動きが確認できたのでエントリー。

20150612_lg_M5

ストップ

ストップ:1.11761(-50.0PIPS)
4時間足、1時間足、15分足による重複したサポートのすぐ下。

リミット

リミット:1.12711(+45.0PIPS)
4時間足、1時間足、15分足による重複したレジスタンスと同じ価格。
損益比率0.9

エグジット理由

リミット到達により決済。

ロジカルFX検証4日目の感想

エントリーもエグジットも、4時間足、1時間足、15分足による重複したレジサポを根拠にトレードしました。
ロジカルFXで説明されている多数決の原理が大変有効に機能していることが分かります。
レンジ相場においても使える手法であると感じました。

ですが、まだ検証4日目。
たまたま上手くいっているのかだけかもしれません。

まだ予断を許さない状況ですので、今後も引き続き検証していきたいと思います。

すべてをまとめた詳細レビューはこちら


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*