FXトレードを爆発的に上達させる3つのステップ

最初に申し上げますがこの記事でお話しすることは王道中の王道であり且つ、普遍的な手法です。
目から鱗?の、聞いたこともないようなテクニックを期待している方は今すぐページを閉じてもらって構いません。

ただ、このステップを踏むことで着実にトレード力は身に付いていきます。
長期間相場で戦っていく真のチカラを身につけたい方には必ずお役に立てる情報だと思いますのでどうぞじっくりとご覧下さい。

【目次】

FXトレードを爆発的に上達させるためには以下の3つのステップを踏む必要があります。

  1. トレンドを把握する
  2. チャートポイントを確認する
  3. シナリオを描く

物事には必ず順序があります。
順序通り進めていくことで、あなたのトレードは大きく改善されることでしょう。
この機会に是非トレードを見直してみて下さい。

それでは、具体的に解説させていただきます。

ステップ1 トレンドを把握する

0518_02
まずはじめに、相場全体の流れを見ていきます。

”上昇傾向なのか?下降傾向なのか?”

トレンド(方向性)を把握することが重要です。

これを”環境認識”といいます。

なぜ、環境認識をする必要があるのか?

これは、買いと売りのどちらで仕掛けるべきかを容易に判断することが出来るからです。
相場が上昇傾向のときは買い、下降傾向のときは売りで仕掛けた方が有利に戦えます。

これは自然の摂理です。

”トレンドはフレンド”

トレンドに沿ったトレードは有利であるという古い格言です。
環境を見方につけることが勝つための絶対的優位性となるのです。

また、相場には上昇と下降そのどちらでもない状況があります。
それを、レンジ相場または持ち合い相場といいます。
方向感が掴みづらいためトレードにはあまり適していません。

トレンドの確認が出来ないときは無理してトレードしないようにしましょう。
(レンジ相場のほうが得意という方もいますが初心者がまずはじめに学ぶべきはトレンドフォローです)

では、どのようにトレンド相場とレンジ相場を見分ければ良いのでしょうか?

トレンド相場とレンジ相場の見分け方

ダウ理論をベースに見ていきます。

ダウ理論とは!?
ダウ理論(Dow Theory)とは、チャールズ・ダウが提唱した市場での値動きを評価するための理論。

詳細ページ(Wikipedia)

トレンドの定義は以下の通りです。

上昇トレンド:高値安値がともに切り上がっている状態
下降トレンド:高値安値がともに切り下がっている状態
レンジ相場:いずれも該当しない状態

つまり、高値と安値を追っていけば自然と分かってしまうのです。

チャート上に分析ツールを表示させる必要はありません。
かえって複雑化させてしまい、正しい環境認識が出来ない可能性があります。

ツールには頼らずローソク足のみを見るようにしましょう。

ステップ2 チャートポイントを確認する

0518_03
環境認識の次はチャートポイントの確認です。
チャートポイントとは、注目されやすい価格のことです。
トレンドがハッキリしていても、チャートポイント付近では流れが変わる可能性があります。
そのため、トレード前に必ず確認しておかなければいけません。

では、チャートポイントはどうやったら分かるのでしょうか?

ローソク足に注目する

チャートポイントを知るためにはローソク足に注目するのが一番です。
ローソク足は値動きそのものを表しているため大変参考になります。

ローソク足に注目していると、過去に何度も同じような価格で止められていることに気がつきます。
それは、多くの人が注目している何よりもの証拠。
同時に、これから先も注目される可能性が高いことを意味しています。

チャートポイントを確認したら、忘れてしまわないよう水平線を引くようにしましょう。
水平線とは、まっすぐ真横に引けるラインのことです。
水平線を引くことでチャートポイントを目で見てハッキリと認識することが出来ます。

チャートポイントの注意点

チャートポイントは必ずしもピッタリ同じ価格になるとは限りません。
多少のズレが生じることはよくあります。

例えば、
115円48銭、115円52銭、115円61銭という価格で止められていたとしましょう。
どこが有効なチャートポイントなのか悩むところです。

この場合、115円48銭から115円61銭をひとつの価格帯として見るのが良いでしょう。

”ライン”でなく”ゾーン”として捉えることでチャートポイントを的確に把握することが出来るようになります。

ステップ3 シナリオを描く

0518_04
トレンドを把握し、チャートポイントの確認が出来たら、シナリオを描いてみましょう。
シナリオとは、さまざまな可能性を考えて仕組んだ筋書きのことをいいます。
名高い戦国武将の多くは、常に最悪の状況を想定してシュミレーションしています。

FXも全く同じです。

”もしも、こうなったら”

という対策を考えておくことで柔軟に対応することが出来ます。

では、どのような点に注意すれば良いのでしょうか?
シナリオを描くときのポイントは大きく2つあります。

1.エントリーとエグジットはセットで考える

2.シナリオが描けないときはトレードしない

です。

1.エントリーとエグジットはセットで考える

エントリーとエグジットはセットで考えると上手くいきます。

買ったはいいけど、どこで売ったらいいのか分からない。
そうこうしているうちに価格はドンドン下がる。
膨らんでく損失に耐えれずに思わず決済。
しかしその後、価格は上昇をしていくことに・・・。

FXにおいて衝動買いは命取りとなります。
エントリーとエグジットはセットで考え、それぞれの根拠を明確にすることが重要です。

2.シナリオが描けないときはトレードしない

相場環境によっては、どうしてもシナリオが描けない場面がでてきます。
そんなときは、トレードしないことをオススメします。
なぜなら、無理にポジションを建てても撃沈するのがほとんどだからです。

シナリオが描けないということは、ゴールまでの道筋がイメージ出来ていないということです。

そんな中でトレードをしても、それはただのギャンブルと言わざるを得ません。

”分からないことには手を出さない”

これこそが、私たち個人投資家にできる最大のリスク回避なのです。

ステップ1〜3 まとめ

ここで一度、3つのステップを復習しておきましょう。
冒頭でも申し上げましたが、大切なのは順序です。
必ず意識して取り組んでいただくようお願い致します。

ステップ1 トレンドを把握する

環境認識によりトレンド確認を行います。
売りと買いどちらで仕掛けるべきなのか?
そもそもトレードしない方が良いのか?
高値安値を追って相場環境を把握することが重要です。

ステップ2 チャートポイントを確認する

チャートポイントは、注目されやすい価格のこと。
多くの人が意識しているため流れが変わる目印となります。
チャートポイントでどういう動きをするのか、
それを見定めることがポイントです。

ステップ3 シナリオを描く

何事も常に最悪を想定しているからこそベストな選択が出来るものです。
それがシナリオを描く本当の狙いです。
シナリオが描けていないのであれば無茶なトレードは控えましょう。
それが最大のリスク回避となります。

以上3つのステップを踏むことで、あなたのトレードスキルは爆発的に向上していくことでしょう。
ですが、万が一成長を感じられなかった場合は次を参考にしてみて下さい。

結果が出ない3つの原因とその対策

結果が出ないのには大きく3つの原因が考えられます。

  1. チャートを開いた瞬間トレードしてしまっている
  2. 損切りを移動させてしまう
  3. 経済指標を考慮していない

です。

それでは、順に解説させていただきます。

1.チャートを開いた瞬間トレードしてしまっている

チャートを開いた瞬間がチャンスということは滅多にありません。
そもそもチャートを開いたらまず環境認識が最優先です。
その後、チャートポイントの確認をしてシナリオを描きます。
慣れるまで、それなりに時間のかかる作業です。

チャートを開いた瞬間にトレードしてしまう人の多くは、

”利益=トレード回数”

と考える傾向にあります。

とにかくポジションを建てることが最優先。
いつの間にか、稼ぐことよりも快感を得ることが目的となっています。
これではパチンコに行く人と同じ心理状態です。

相場は自分の主観で動くことはありません。
いかにチャートを客観的に見られるかがポイントとなります。
そのために環境認識やチャートポイントの確認が必要となるのです。
まずは、利益を得ることよりも損失を減らすことを優先に取り組んでみて下さい。

2.損切りを移動させてしまう

損切りを移動させるということは、損切りの適正な位置を理解していない可能性があります。
損切りはエントリーしたときにあった優位性が崩れたところで行います。

結果的にそれが損を確定させる行為となるため損切りと呼んでいるだけです。
損切りの本質的な目的は、保有するメリットが無くなったポジションの決済です。

そのため、損切りを移動させることは余計なリスクを取っていることを意味します。
だからこそ、損切りは積極的に行わなければいけないのです。

損切りは必要経費と考え、根拠あるトレードを心掛けるようにして下さい。

3.経済指標を考慮していない

経済指標発表時には価格が大きく変動します。
スキャルピングやデイトレードのような短期トレードの場合、その影響をもろに受けてしまいます。
もし、エントリーを検討しているのであれば値動きが落ち着いてから、
ポジションを保有している場合は発表前に決済するなど、それ相応の対策が必要となります。

ちなみに、これは経済指標がリアルタイムで表示される非常に優れたサイトです。
参考までにご覧になって見て下さい。

リアルタイム経済指標カレンダー(FX STREET)

まとめ

”FXトレードを爆発的に上達させる3つのステップ”

いかがでしたか?

  • はじめに
  • ステップ1 トレンドを把握する
  • ステップ2 チャートポイントを確認する
  • ステップ3 シナリオを描く
  • ステップ1〜3のまとめ
  • 結果が出ない3つの原因とその対策
  • まとめ

もしかしたら裏ワザのようなものを想像していたでしょうか。
そういった意味では、あなたの期待を裏切る形となったかもしれません。

ですが、本当はあなたも分かっているはずです。

この世に裏ワザなんて存在しないことを。

何かを成就させるためには、正しい方法をコツコツ続けていくことが一番の近道になります。

ある意味それは地味でカッコ悪いことかもしれません。
しかし、難しいことでもありません。

繰り返しますが、トレード力を上達させるには、

トレンドの把握→チャートポイントの確認→シナリオを描く

この3ステップです。

本当にシンプルです。

難しく考えずに、ダマされたと思ってまずは実践してみることをオススメします。
きっと、驚くような成果を手に入れることが出来るでしょう。

それでは、今回も最後までお付き合いいただき本当にありがとうございました。

 

\ついに完成/
FX三種の神器

「なぜこれが無料?」という声多数。
一撃100pipsは当たり前、初心者が迷わない唯一のツール&トレードマニュアル(PDF 32P)

さらにコアな情報をゲット
ブログ公式LINE@

ブログでは言えない稼げる投資情報を複数持っています。ご興味のある方はLINEで♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

佐藤 まさむね

ブログ管理人。FX歴2007年~、トレード手法で使うのは水平線、ダイバージェンス、ヒドゥンダイバージェンス、プライスアクション、フィボナッチ。FXの月間最高実績2500pips、最近は暗号(仮想)通貨にハマり主にアルトコインに分散投資中。FX&暗号通貨好きな方との情報交換を欲している。