オリジナルツール、FX三種の神器をリリース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
※この記事は32で読むことが出来ます

2016101801

この度、自社開発FXツール、
FX三種の神器が完成したので公開いたします。

メールアドレスのご登録のみで
無料ダウンロード可能です。

メールアドレス (必須)

苗字 (必須)

FX三種の神器とは!?

その名の通り、FXトレードで使用する3つのツールになります。
※MT4で動作するインジケーターです。

ただのツールではありません。

本当に役立つツール

を追求し、

検証に検証を重ねた結果、
これであれば多くの負けトレーダーを救うことが出来ると判断し、
満を持して世に送り出す渾身のオリジナルツールになります。

今回、360°FXでは、
FXで収益を上げるためには、

  • トレンドを高精度で判定し、
  • 押し目、戻りポイントを捉えエントリー、
  • リスクリワードレシオ2.0以上でエグジットを行う

この3つが特に重要であると定義しました。

一見すると誰でも思いつきそうなポイントですが、
これだけを愚直にできている個人投資家はほとんどいません。

多くの負けトレーダーが、
勝てるルールを持っていない、持っていたとしても守れない

言わば裸で戦場へ出ている状態、あるいは戦略を無視してFX市場という戦いに挑んでしまっています。

FX三種の神器は、
そんな裸のトレーダーに武器を与え
誰でも戦略を遂行できるよう、限りなく裁量判断を排除した、画期的なツールです。

是非あなたのFXトレードにお役立てください。

FX三種の神器の詳細説明

それではFX三種の神器の詳細をお教えします。

三種の神器その1

◎高精度トレンド判断ツール、トレンドランプ

このツールは、独自のロジックで現在のトレンドを高精度で判定するツールです。
下記画像のように、背景色でトレンドの強弱がひと目でわかるようになっています。

trendlamp2

下記で販売しているツールにさらに改良を重ねたものになります。
従来のトレンドランプ

三種の神器その2

◎ピンバーサイン

このツールは反転のプライスアクションとして有効な「ピンバー」をチャート上に表示するものです。

ピンバーとは!?

当ブログではこれまでもピンバーサインのインジケーターをお配りしていましたが、
使いこなせないと嘆く方も多く、どうすればピンバーサインを有効に使えるか?を追求した結果、
「押し目」「戻り」局面で使用する方法が最もリスクが小さく、利益を見込めると判断いたしました。

pinbar2

今回はそのノウハウ部分を含めた新しいピンバーサインインジケーターをプレゼントいたします。

三種の神器その3

◎ストップ&リミット自動表示機能

今回の企画の目玉と言ってもいいツールです。
多くのトレーダーの悩み、それは、

損切りや利益確定をどこで行えば良いかわからない。

というもの。
これを完全に解消するツールになります。

しかも、誰でも全く同じ結果を得られ、且つリスクリワード比に優れたエグジットが初心者でも容易に可能になります。

下記をご覧下さい。

14

赤線:ストップライン
紫線:エントリーライン
青線:リミットライン

これらがピンバーシグナルが表示されると同時に表示されます。

リスクリワード比はデフォルトで1:2となっていますが、
設定により1:3や1:5も可能です。

実績画像

FX三種の神器を使うと、下記のような結果を誰でも得ることができます。

01

02

03

04

05

06

07

08

09

10

11

13

14

期間限定特典

今回、期間限定特典として以下の2つをお付けいたします。

FX三種の神器のエントリーアラートお知らせ&メール配信ツール

29

エントリーサインをアラート音とメールでお知らせするツールになります。

これでチャートに張り付く必要はなくなります。

FX三種の神器の設置マニュアル&トレードノウハウ(計32ページ)

pdf

ダウンロードはこちら

メールアドレス (必須)

苗字 (必須)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. 中村 より:

    ダウンロードできないが、どうしてだ。

    1. 360°FXブログ 管理人 より:

      自動返信メールにてリンクをお送りしています。
      迷惑メールフォルダもご確認くださいませ。

      メールをご確認していただいているにも関わらずダウンロードできない場合、
      以下より直接お問い合わせくださいませ。

      http://360fx.info/contact

コメントを残す

*