福祉は慈善事業ではない。投資だ。

「介護業界」と聞くと、多くの人が大変なイメージを持っているのが今の日本の現状です。

そして、多くの日本人が自分の親を自分で介護しない世の中になっています。
介護施設に預けて共働きをする家族が多くなり、特別養護老人ホームは常に満室で空きが出ないと入居出来ないのです。
今ですら少子高齢化で、さまざまな業界から「人材不足」という声が聞こえてきます。

しかし、このままでいいのでしょうか?

2020年には超少子高齢化社会が待ち受けています。
その時、私たちはどのように対応していけばよいのでしょうか?

1.介護はロボットへとシフトしていくのか?

パルロは、ご利用者さまを見たら積極的に話しかけます。
ニュースや天気などの情報をはじめ、健康や食べ物にまつわる話など、
たくさんの話題で会話をします。
たとえば食事の前の時間では食べ物の話や
食材にまつわる豆知識を得意げにしゃべり、
利用者さまに会話を通して食欲をそそるような話題をつくります。
ゲーム、ダンス、クイズ、そしてレクリエーションの司会進行を
こなすパルロですが、会話もパルロの得意技なのです。
https://palro.jp/preventive-care/nursing-home.htmlより引用)

現在、数多くの企業がこの介護ロボットの製作に力を入れています。

そして、すでに施設で導入されている介護ロボットも存在するのです。
一人で生活をするのはとても寂しいです。

ですが、介護ロボットがそばにいるだけで、何気ない日常会話をロボットとすることが可能になります。
部屋で一人ぼっちで過ごしているよりは、老人にとって会話が出来るだけでも、病気の予防になるのです。

しかし、想像して見て下さい。
自分の周りには、血の通った人間、家族がいない。
このような孤独に、年をとってしまった老人が耐えられるのでしょうか?

「NO」です。

この介護ロボットが普及していかない大きな理由は、「人は心を求めてしまう」というところにあるのです。

2.介護業界の深刻な人材不足

そもそも、なぜ介護ロボットが必要になってしまうのかというと、圧倒的な人材不足で人手が足りなく、ロボットに手を借りなくては2020年の超少子高齢化社会は乗り切れないと多くの業界の人が感じているからです。

そして、多くの人が介護業界は今後需要があると感じて新規事業を展開しています。

介護業界の人手不足の大きな理由を一言で言うと、

介護業界で働こうと思う人が増えるより、介護施設が増える方が早いから。

ということです。ただ、これだけです。

マスコミが報道するような、きついからだとか、給与が安いからだとかということではありません。
http://ameblo.jp/medica-ceo/entry-11965113585.html より引用)

このようなことから、介護業界の人材不足は引き起こっています。

もう1つの原因としては、「介護業界の広告の仕方が極端に下手」というところにもあります。

大学3・4年生に就職したい業界はどこですか?
というインタビューをしてみても90%以上の確率で介護職に就職したいという人は出てきません。

「つらい、安月給、休みなし」

三拍子そろっている印象がこの業界には付いてしまっています。

それなのに、その印象を打ち消す広告を出す企業はほとんどありません。
これではいくら求人を出したところで、人が集まってはこないのです。

3.定年したら仕事は終わりという時代は終わる

少子高齢化が進むと、問題になってくる1つに年金問題があります。

今までは若い労働人口が多く、老人が少ないピラミッド型の人口構成であった日本ですが、2020年までには若い労働人口はどんどん削減し、その代わりに老人が多くなる逆ピラミッドの人口構成になってしまっているのです。

若い者が、働けなくなってしまった老人を支えるという社会の仕組みが出来上がっている日本で、このシステムを変更するのはかなり大変なことです。

しかし、このような状況を続けていては限界が来てしまいます。
ですから、近い将来、定年退職という言葉が聞こえなくなる可能性もあります。

4.動かなくても出来る仕事はいくらでもある

「働かざるもの食うべからず」

これは古くから日本に伝わることわざです。

「若者が働いて老人を食わせろ」

ということわざは日本には存在しません。

現在では、インターネットも普及し、交通も整い、いつでもインターネットと接続することが出来て好きな場所に行くことも出来るのです。
このように恵まれた国は世界中探しても多くはありません。
ですから、動けなくなっても「人に伝えること、人を育てること」は誰にだって出来るのです。

老人を酷使しろといっているわけではありません。
今まで生きてきた知恵を教えていただき、新たな命を育て上げていくときに協力をしてもらう。

このようなことも立派な仕事で今、必要とされているものなのです。

5.注目はクラウドソーシング

「クラウドワークス」この会社の名前を知っている人は街角で聞いても多くありません。

しかし、クラウドワークスが取り組んでいるクラウドソーシングの普及と、老人がいつでもどこでも仕事が出来る社会の普及は比例しているのです。
クラウドソーシングとは、パソコン1つあれば不特定多数の人に仕事を依頼でき、その仕事を誰でも取り組んでいくことが出来ます。

不特定多数の人の寄与を募り、必要とするサービス、アイデア、またはコンテンツを取得するプロセスである。このプロセスは多くの場合細分化された面倒な作業の遂行や、スタートアップ企業・チャリティの資金調達のために使われる。クラウドソーシングは群衆(crowd)と業務委託(sourcing)を組み合わせた造語で、特定の人々に作業を委託するアウトソーシングと対比される。 クラウドソーシングは狭義では不特定多数の人に業務を委託するという新しい雇用形態を指す。広義では、必ずしも雇用関係を必要とせず、不特定多数の人間により共同で進められるプロジェクト全般を指す場合もあり、その場合オープンストリートマップ(OSM)やreCAPTCHAなどが代表例として挙げられる。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%A6%E3%83%89%E3%82%BD%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%82%B0 より引用)

退職をするまで何かの仕事に打ち込んできた人はその道のプロです。
そのようなプロの意見は価値があり、多くの人に伝えていかなくてはいけません。
そして、それを実現できるのがクラウドソーシングです。

ホームページの作成から文章のライティングや収益をあげる方法はいくらでもあります。しかし、今の老人はやり方を知らないだけなのです。
そのやり方を若い者が丁寧に教え普及させていくことで、多くの老人が収益を上げ、元気に活動する人が増えるため介護の問題も解決していきます。

6.核家族化は今の世の中に合っていない

東京に働きに出るために、親から離れ都心で一人暮らしをはじめ、結婚をしてからも職場を変えることが出来ないことから都内均衡で核家族となっていく。

これが今の日本の現状です。

しかし、今の日本はどうでしょう?

地方で人手不足が深刻になり、逆に都内では人が溢れかえってしまっています。

そして、なぜ核家族が今の世の中に合わないのか、それは今の日本は共働きが当たり前の世の中になっているからです。

両親が仕事に出ている間、子供を見る役目を果たすのは幼稚園や保育園になります。

この役目を退職してしまった両親が見ることが必要となってくるのです。
そうすることによって、介護の幅も広がり自宅で介護しやすくなり新しい介護のスタイルが出来上がっていきます。

7.子供と接することにより生まれる予防治療

病院に行き診断をしてもらうことや運動をすることだけが、予防治療ではありません。
文字を書いたり、世話をしていることが予防治療にもなるのです。

ある介護士の方が話をしていたのですが、

「孫が見えると蘇った様に元気になる患者さんが多い。子供と手紙のやり取りをすることが何よりも一番良い介護になるのですよ」

と話をしていました。

介護を行っていくうえで大切な気持ちを多くの人は忘れてしまっているのかも知れません。
大切なのは気持ちです。

今の社会は、介護を慈善事業ととらえてしまっている人がいますが、そのようなことはありません。
無償の愛を持って接する子供が、老人にとっては何よりの癒しになっているのです。

だとしたら、私たちも無償の愛を持って介護に取り組まなくてはいけません。

まとめ

私たち日本人は、時代の進化で忙しくなっていくと共に、大切なことを忘れてしまっていないでしょうか。
自分がここまで育ってきたのは誰のおかげなのか。
決して自分だけの力では成長していません。

相手を思いやる気持ち、感謝の気持ちを一人ひとりが見つめなおしていくことが、次の世代に伝わり、そのような連鎖が少子高齢化という大きな問題を解決していくための手段です。

慈善事業と綺麗ごとを言っているのではなく、自分自身が介護される側になったと考え、その時どのようなサービスを受けていたいのかを思い浮かべ、老人に接しているとその行為自体がいつか実る大切な投資となっているのです。

\ついに完成/
FX三種の神器

「なぜこれが無料?」という声多数。
一撃100pipsは当たり前、初心者が迷わない唯一のツール&トレードマニュアル(PDF 32P)

さらにコアな情報をゲット
ブログ公式LINE@

ブログでは言えない稼げる投資情報を複数持っています。ご興味のある方はLINEで♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

佐藤 まさむね

ブログ管理人。FX歴2007年~、トレード手法で使うのは水平線、ダイバージェンス、ヒドゥンダイバージェンス、プライスアクション、フィボナッチ。FXの月間最高実績2500pips、最近は暗号(仮想)通貨にハマり主にアルトコインに分散投資中。FX&暗号通貨好きな方との情報交換を欲している。