個人投資家が株式投資で勝ち組になるための10の心得

株式投資を始めると「勝ち続けたい」と誰もが思うのは当然です。

今は株の時代だ

と波に乗ってみたものの、中々思い描いていたような結果に結びつかない方も多いのではないでしょうか。

そんな方に朗報です。

現在、結果が出ていない方に足りないのは正しい心構え、そして正しい知識です。

辞書並みに分厚い書籍を買ったり、
高額な投資スクールを受講したり、

そんなものは必要ありません。

今よりもほんのちょっとだけ考え方を変えていくだけで株式投資で勝ち組になる可能性はグンと高まります。

そこで、勝ち組になるための役立つヒントや投資方法を10個にまとめました。

株式投資を行っている人の中には、毎年勝ち続けている人もいます。
この記事を読み、あなたも株長者への一歩を踏み出しましょう。

ではいきます。

1、失敗は引きずらず、すぐにやり直す

投資に失敗はつきものです。

損をしたとき、気持ちが高ぶり、なかなか平常心で取引を行うことができません。
平常心で投資が出来ない時は、気が付かないうちにハンディキャップを背負っています。

このようにならないためにも、失敗してしまったと感じるときは、素直に失敗を認め、1から分析をして、再度投資に挑みましょう。

すぐにやり直すことによって、損失を最小限に抑え、さらに新しい投資手法が見つかるきっかけにもなります。

2、先物取引はリスクがむき出し

人は借金を背負うとプレッシャーに弱くなります。

プレッシャーに弱くなった投資家は、余裕のある投資家に対してハンディキャップを負います。

大きな利益を狙って行う先物取引は、現物の何倍ものリスクを抱えることになります。
雨は必ず降りますが、人は雨が降ることを100%予測することはできません。

金融市場でも、リーマンショックやバブル崩壊など、予想していないことが、起こる可能性が常にあります。
その為、現物という保険をかけることが、常に勝ち続ける投資には必要です。

3、儲かるシステムトレードがあっても永遠に続くとは限らない

ニュートンが錬金術の研究をしているときに、万有引力の法則を発見したことは有名な話です。
しかしニュートンでも錬金術を完成させることは出来ていません。直感的には鉄や銅などの金属の組織を変えて貴重金属にするのは、科学技術が進化すれば不可能ではない気もします。しかし、現在では錬金術が不可能なのは明らかです。

コンピュータトレードやシステムトレードなどの「必ず儲かるシステム」と言われているものも、錬金術と同様に直感的には実現できるように思えても、実現できない夢のシステムと思っておくことが、勝ち続けるためには必要で、継続的に銘柄を研究していく地道な努力が大切になります。

4、投資対象と結婚するつもりで研究する

一目惚れから恋愛に発展し、あっという間に結婚してしまう夫婦が多く、そのような結婚で後悔する人々が世の中には増えています。

投資とは全く関係がないように思えますが、一生寄り添っていくパートナーを決める結婚は、投資と同じです。
結婚するまでの交際期間で、お互いの理解を深め信頼を築き上げていきます。そして、結婚してからは、パートナーに嫌な面があっても多少のことでは離婚をしません。信頼しあっているパートナーだからこそ話し合って解決をして、さらに絆を深めます。

投資も同じで、購入する前に長い期間を使って検討します。どんな銘柄でどんな事業をしているのか、知りたいことを1つずつ調べて購入した株は、一生寄り添うパートナーと同じで、少しの問題で手放すのはもったいないことです。

多少の問題は目をつぶって、自分の選んだ株を信じて投資をしましょう。それだけ、投資において銘柄選びは大切です。

5、市場を独占している企業を見つける

宇宙に行ける階段が1本あったとしたら、その階段を買収して通行料を徴収すれば、確実に高い利益をあげることができます。
ブランド力があり市場を独占している割合の高い企業のビジネスも、階段を買収するビジネスに近いです。

ブランドには目に見えない価値があります。

そのブランドの価値は100年続くと言われていて、このようにブランドの価値を生かしつつ独占率の高い企業に投資をしていくことが、安定して継続的に勝ち続けるポイントになります。

6、経営者が寝ているだけでも利益を上げる会社を探す

経営者が優秀な企業に投資をしていくことは、銘柄を探していく中で1つの基準になりますが、時にはどんなに優秀な経営者でも立て直すことのできない会社は存在します。

銘柄を選ぶ時の理想として、誠実に業務をこなせば利益を上げることができる仕組みが出来上がっている企業と言えます。
経営者は事故や病気で亡くなってしまうこともありますが、システムは完成してしまえば常に利益を上げ続けることができるので、経営者1人に問題が起きてもシステムが出来上がっている会社にはあまり影響はありません。

しかし、経営者に依存していると、何かあった時に、どうすることも出来なくて業績が悪化していくことがあります。

そんな状況を防ぐために経営者が寝ているだけでも利益が上がる企業を選ぶことが保険になるとも言えます。

7、再生銘柄への投資は極力避ける

一度、破綻あるいは破綻の瀬戸際になってしまった企業の再生計画が成功して軌道に乗った場合、多くの利益を手にすることができます。
一般的に見たら一度ダメになってしまった会社が再生する可能性は高くありません。
それよりも新たに始めた企業のほうが成功する確率が高いのは目に見えています。しかし、そのような再生企業より有利と言われるベンチャー企業でさえ、成功する確率はかなり低いです。

つまり、再生銘柄が軌道に乗って今まで以上に利益を上げていくことは至難の業と言えます。

上場企業の中に投資対象として有望な銘柄が複数あるのに、わざわざ再生銘柄に投資をするのは、極力避けたほうがいいと言えます。

8、売買は数より質

バークシャー・ハサウェイと言う会社の株価を例に説明します。

1965年から2008年までの同社の純資産の伸び率は年平均20.3%、累積リターンは362319%(3600倍以上!)。

「意味がわからない!」というツッコミを入れたくなる数字です。

そして、同社の株価も純資産の伸びと比例するように、天高く上がり続けてきました。

バークシャー・ハサウェイとは!?
世界一の投資家、ウォーレン・バフェット氏がCEOを務める「バークシャー・ハサウェイ」社。
投資信託ではないが、実態は会社型の投資信託に近く、その株式はニューヨーク証券取引所に上場されていて買うことが出来る。

出典:http://www.mylifenavi.net/c_seityouhatuduku.html

 

この会社の株価は43年間で3600倍以上のリターンを生み出しています。
1965年に1万円分この会社の株を保有していたら、3600万円になり3599万円の利益を上げることができています。

このように、1度しか売買を行っていないのに大きな利益を上げることも可能です。証券会社は、投資家たちの売買手数料が収益になるため、数多く売買をしてほしいものです。そのため多くの銘柄を進めてきますが、本当に自己分析して優良銘柄を進めてくれる投資マネージャーは、少ないのが現実です。

銘柄研究を徹底的にやり、バークシャー・ハサウェイのような企業を探し、売買手数料を最小限に抑えるのも常に勝ち続けるためには必要です。

9、インフレに負けない投資をする

日本は長年デフレの状況が続いてきたため、預金や元本保証されている国債に投資するとデフレ率が上がることによって資産の価値が上がり、良いとされる時がありました。

インフレの場合は、インフレ率とともに資産の価値は減少するので、インフレ率を上回る利回りを上げないと、資産が減少してしまいます。2014年から日本は脱デフレを掲げ、インフレ率の向上を目指して国家が動いています。その影響もあり日本は緩やかにインフレ率が向上している状況です。

インフレ率を上回るパフォーマンスをするためにも、インフレ率を意識して、投資をしていくのが望ましいです。

10、投資の目的を金儲けにしない

お金に執着しないことは、投資で勝ち続けるために一番必要なことです。時には負ける時だってあります。

そんな時に、落ち込んで、気分を損ねていたら、周りから良い目では見られません。最高の仲間を作りどんな時も楽しく、情報を共有しながら投資をしていくことが勝ち続けるためには必須です。

あくまでも投資は、より良い世界を作るためにしていくものと頭の中に入れておきましょう。

投資に勝ち続けるためには、徹底的な銘柄研究と精神的なタフさが求められるのが分かると思います。

1人で生きていているより、多くの仲間と楽しく生きている人間のほうが投資には有利です。少しずつポイントを取り入れ、自分に合った投資方法を見つける努力をしていきましょう。

まとめ

投資に勝ち続けるためには、徹底的な銘柄研究と精神的なタフさが求められるのが分かると思います。

1人で生きていているより、多くの仲間と楽しく生きている人間のほうが投資には有利です。
「人、物、金」と昔はよく言われていましたが、今ではそこに「情報」が加わると言われる世の中になっています。

全て取り入れて投資をすることがあっているとは限りません。

投資には正解がなく、成功している人に学び、自分自身が成功者になることが勝ち続けるためには必要です。
少しずつポイントを取り入れ、自分に合った投資方法を見つける努力をしていきましょう。

最後までお読みいただき誠にありがとうございました。

 

 

\ついに完成/
FX三種の神器

「なぜこれが無料?」という声多数。
一撃100pipsは当たり前、初心者が迷わない唯一のツール&トレードマニュアル(PDF 32P)

さらにコアな情報をゲット
ブログ公式LINE@

ブログでは言えない稼げる投資情報を複数持っています。ご興味のある方はLINEで♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

佐藤 まさむね

ブログ管理人。FX歴2007年~、トレード手法で使うのは水平線、ダイバージェンス、ヒドゥンダイバージェンス、プライスアクション、フィボナッチ。FXの月間最高実績2500pips、最近は暗号(仮想)通貨にハマり主にアルトコインに分散投資中。FX&暗号通貨好きな方との情報交換を欲している。