CIS 資産200億株トレーダー、ネットで話題のCISとは

中国経済の先行きを不安視する投資家が増えて、先月の8月後半日経平均は大きく下落しました。
上海市場を中心にダウでも相次いで下落し、世界同時株安と発展し世界中で混乱の嵐が起こったのです。
その中で自らのSNSを通じて、自分自身の取引を発信し多くの利益を上げ続けていることからネットで話題になったCISという男について今回は取り上げていきます。

1.あなたの手元にいきなり20億円入ったらどうしますか?

20億円がいきなり手に入るなんて誰も想像がつかないと思います。
しかし、ある事件のおかげで20億を手にした男が居るのが現実です。

その人物こそ、今回取り上げられるトレーダー「CIS」の初めて頭角を現した出来事になります。

2005年12月8日午前9時27分、この日東証マザーズ市場に新規上場された総合人材サービス会社ジェイコム(当時。証券コード:2462)の株式(発行済み株式数14,500株)において、みずほ証券の男性担当者が「61万円1株売り」とすべき注文を「1円61万株売り」と誤ってコンピュータに入力した。
この際、コンピューターの画面に、注文内容が異常であるとする警告が表示されたが、担当者はこれを無視して注文を執行した。「警告はたまに表示されるため、つい無視してしまった」(みずほ証券)という。 この注文が出る直前までは、90万円前後に寄り付く気配の特買いで推移していたが、大量の売り注文を受けて初値67.2万円がついた。その後、通常ではありえない大量の売り注文により株価は急落し、9時30分にはストップ安57.2万円に張りついた[1]。
この大量の売り注文が出た瞬間から電子掲示板で話題騒然となり、様々な憶測が飛びかった。「誤発注である」と見て大量の買い注文を入れた投資家がいた一方で、価格の急落に狼狽した個人投資家が非常な安値で保有株を売りに出すなど、さまざまな混乱が生じた。
(https://ja.wikipedia.org/wiki/CISより引用)

2005年に話題となった<ジェイコム事件です。
この事件でなんと一瞬にしてCISは20億円を稼ぎ出しました。

2.ジェイコム事件

CISが出演していた番組でのインタビューを元に当時の様子を書いていくと、CISは新規上場株の取引をしていて初値は100万円つくことを予想していました。
しかし、ジェイコムの株式は57万円で売りが先行していて安いと感じ購入を決断します。
一気に34億円を投じて7,100株購入。
その後、御発注に気がついたみずほ証券が買戻しを進めていき株価はストップ高の77万円をつけた時点で7,100株を売却。

この取引が行われていた時間はなんと16分間。

CISはこの16分間で34億円で購入した計7,100株を55億円で売り、およそ20億円の利益をあげました。

当日はマスコミが自宅近くに殺到して大変な騒ぎになりました。
みずほ証券は一日にして300億以上の損失を出し、一般人の個人投資家が16分で20億以上の利益を出す。
このようなニュースは今度、私たちが生きているうちに聞くことが出来ないと思われるニュースです。

しかし、誰もがこのような投資が出来るかというとそうではありません。
この当初、CISの総資産は80億円以上あり、一般人では到底考えられないお金を持ち、株取引を行っていました。

3.CISの誕生秘話

CISが株式投資を始めたのは、学生のときになります。
テレビで株番組を見たのがきっかけで、1999年に売買手数料が自由化され、証券会社がオンライントレードのサービスを開始し、一般人でも気軽に株式投資を行うことの出来る環境が整ってきました。
そのような出来事が重なり株の知識も全くないまま気軽な気持ちで株式投資をスタートさせました。

当初学生のCISは160万円をバイトで稼ぎ、そのお金を元に8年間で130億もの資産を築いたのです。

160万円だった元本は2年目で300万、3年目で6,000千万、4年目で1億円を超え、6年目には10億、7年目で80億円に達し、8年目には130億円の資産を築いています。

130億円と聞いても想像がつかないと思いますが、世界のイチロー選手が1番年俸をもらっているときの5倍に相当します。
イチロー選手を自分自身が所属している草野球チームに契約して入団してもらっても1年間5人のイチロー選手を加えることが出来るのです。
そのように考えると、CISが株式投資を始めて8年ほどでいかにすごい金額を稼いでいるのか想像がつくと思います。

4.CISが株式投資をやめない理由

一般の人から見たら「CISはこれ以上お金を稼いでどうするのだ?」と思う人が多いです。
実際に街頭インタビューをして「資産130億円あったらあなたならどうしますか?」という質問に対しては多くの人が、「今の仕事をやめて世界中を旅して遊んで暮らす」「好きな車や物をひたすら買う」など答えが大半でした。

しかし、CISが株式投資をやめない理由はなんとも簡単な理由でした。
それは「僕はただの株オタクなんで」その一言です。
他に趣味もないし、やりたいことも見つからないので、ただ単に株をやっているだけというなんとも単純な理由で拍子抜けしてしまう人も居ると思います。

普段からCISは多くのことに気を使っていて、1,000万円以上の現金を見ないようにすることや、毎日贅沢な暮らしをしないようにするなど、お金で今の株式投資への感覚が鈍ってしまうのを極端に嫌がっているのです。

資産100億以上手にしても、CISは自分自身の取引に自惚れることもなく「儲かっているのは時代のおかげ」と言ってのけるCISは、本当に株オタクで心のそこから株式投資を愛していることが伝わってきます。

5.今回の日経平均の下落ではどうだったのか?

多くの投資家が市場の混乱に慌てふためいていた8月24日、先物売りに大量の資金を投じた日本人デイトレーダーは底値をほぼ完璧に見極めていた。さらにツイッターで4万人のフォロワーに対し、打つ手を次々発信していた。持ち高を手じまった時には40億円の利益を得ていたという。
今週は金融市場が混乱し、多くの投資家が慎重になるか、まひすることさえあった。ネット上のハンドルネームがCIS(シス)で知られるこの36歳は違った。
「僕はこういうすごい乱高下する時、めちゃくちゃ得意-」。CISは言う。25日、長い間株式売買に入れ込んできた彼の中でも最大の取引を終えて、1時間しかたっていない。CISは強盗や恐喝の危険があるとして実名報道をしないよう要請する一方、自分の売買を裏付けるため、ネット証券会社の秒刻みの取引詳細を見せて説明した。
CISは日経平均の指数先物が下がると読み、8月中旬から同先物を売っていた。24日の後場終了までに含み益は15億8,000万円余りに上っていた。さらに持ち高を積み増した。その晩、米国市場は取引開始後に急落。利益を確定させ、儲けは2倍に膨らんでいた。
それでも勝利を祝うことはせず、取引を続行した。今度は相場が底を打ったと読んだ。25日に持ち高を解消し、ツイートした。「俺のリバ取り物語はこれでいったん終了」。底値からのリバ(リバウンド、戻り)を取ることで利益は3倍になっていた。
(http://www.bloomberg.co.jp/news/123-NTMAKR6K50XT01.htmlより引用)

僕はこういう相場は得意なんです」このように語っているCISの記事が多く取り上げられるのを見て、今回の日経平均下落騒動でもCISは40億もの利益を手にしていました。

CISの取引を見ていると自分自身で計算した予想に対して迷うことなくお金をつぎ込めるところが最大の強みと感じます。
ジェイコム事件でも新規上場株がストップ安で売りに出されていたら迷うことなく買いに動く、今回も誰もが日経平均の様子を伺いたくなる相場で底値を見極め迷うことなくお金をつぎ込む。
このように自分で決めたことを迷わず実行できるところもCISの凄さだと感じました。

ツイッターでも日々の取引に対してコメントを残しているので今度、CISの動きに注目する投資家は増えていくことが予想されるため、動向には注目していかなくてはいけないと考えます。

6.特別な方法はあるのか

CISいわく株式投資は絶対に儲かるものではなく、常にリスクと隣りあわせで行われているもので、儲かっているときには堂々と株式投資が仕事といえるが、人生的に考えると大きく狂わせてしまう面も多くあるのが現実。
自分は株式投資を進めないけど、やりたい人は勝手にやればいいと思うと考えています。

しかし、CISを調べていると1つだけ株式投資で勝っていくために必要な要素があると考えることが出来るのです。

それは、「一般人の感覚を失わないこと」

億単位で資産を築いているのにもかかわらず、質素な生活を続け、現金も1,000万円以上見ないということから、一般人の感覚を失ってしまうと小さなチャンスを見失ってしまい足元をすくわれると考えられます。

まとめ

謎の男がネットで騒がれていましたが、実際は謎どころかツイッターなどで日々の取引について公開していたり、番組に出演したり度々メディアには姿を見せていました。
ここまでネットで話題になると、CISという1つの情報発信源が出来上がり、多くの投資家に影響を及ぼします。

投資をしていく上で情報は一番の武器といっても過言ではありません。

「CISが推奨した銘柄を買おうと考える投資かも今後は出てくる」ということも頭に入れておくと今後、投資の幅が広がっていくと私は考えています。

\ついに完成/
FX三種の神器

「なぜこれが無料?」という声多数。
一撃100pipsは当たり前、初心者が迷わない唯一のツール&トレードマニュアル(PDF 32P)

さらにコアな情報をゲット
ブログ公式LINE@

ブログでは言えない稼げる投資情報を複数持っています。ご興味のある方はLINEで♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

佐藤 まさむね

ブログ管理人。FX歴2007年~、トレード手法で使うのは水平線、ダイバージェンス、ヒドゥンダイバージェンス、プライスアクション、フィボナッチ。FXの月間最高実績2500pips、最近は暗号(仮想)通貨にハマり主にアルトコインに分散投資中。FX&暗号通貨好きな方との情報交換を欲している。