投資教材の検証

※この記事は719で読むことが出来ます

FX仙人の検証開始

※この記事は125で読むことが出来ます

2016072501

管理人の佐藤です。

FX商材の情報を受信している方で
感度の高い方は既に動画をご覧になっているかと思いますが、
クロスリテイリング社のFX仙人こと須藤 一寿氏のトレードメソッド

これは当ブログでも検証しようと思っています。

続きを読む

ゴールドクランFX【検証とレビュー】

※この記事は446で読むことが出来ます

2016070801

非常に優秀且つ、低額誰もが手に入れやすいビデオ教材が販売されたので
久しぶりに教材の検証とレビューとしていきたいと思います。

教材名 : ゴールドクランFX(公式サイト)
販売者 : LTCM合同会社
発売日 : 2016年7月1日
価格  : 10,000円

続きを読む

高額投資塾に入って失敗する5つの理由

※この記事は721で読むことが出来ます

2016070701

昨今、FXや株式投資の高額投資塾に入塾して失敗したという方があとを絶たないようです。

ちなみに高額投資塾とはどういったものを指すかというと、

高額投資塾とは基本的に3~6ヶ月間のカリキュラムで行われ、実際に投資で稼いでいる講師のトレードメソッドをマスターするというプログラム構成となっている。

教材の内容は主にセミナーや動画、PDFマニュアルがメインとなる。

販売価格は平均で198,000円~348,000円(これ以上の場合も)。

販売にはプロダクトローンチと呼ばれるマーケティング手法が使われ、
無料で一部の情報を動画で流し、視聴者の興味を引き、ノウハウの根幹部分は塾内で教えるというもの。

上記のマーケティングはやんわりと書いてありますが、詰まるところ、無料動画でかなり煽り、肝心の部分はお金を払ってねという手法です。

一見詐欺のようですが、
販売側も教材コンテンツの制作費、動画撮影費、セミナー会場を抑えたりと、
それなりにコストがかかっているため、無料ですべてを教えてくれるわけはありません。

そもそも数回の動画で講師のトレードメソッドを習得し、連戦連勝出来るなら苦労はしないですよね。

なので、高額塾といえど、「投資スクール」「投資の学校」に通う。

という受け取り側の覚悟がある種、成功の鍵ではないかと思います。

それを踏まえ、本記事では高額投資塾に入って失敗する5つの理由を書いていきたいと思います。

逆にこの5つをすべてクリア出来ているのであれば
あなたは高額塾で勝てるトレーダーになれるということになります。

本記事でいう「高額塾」とは、
講師が本当に投資で稼いでいるものを指します。
それ以外はそもそも参加すること自体が無意味です。(というかそれが詐欺です。)

続きを読む

4DFXで成功する確率を劇的に高める5つのルール

※この記事は811で読むことが出来ます

20160308_001

4DFXを既に購入して実際にトレードしてみると、
ただただサインに従うだけではダマシに合うことも多いです。

もしかするとこれを読んでいる人の中にも

「4DFXは勝てない」

と思っている人もいるかもしれません。

これは会員サイト内での掲示板でも同様の投稿が目に付きます。

しかし、それらの多くはただサインに従うだけで、
肝心の「ルール」を無視した結果の投稿であることが多いのも事実です。

4DFXチャートで結果を出すために重要なのは、

続きを読む

4DFXの期間限定特典と購入方法について

※この記事は355で読むことが出来ます

20160304_01

以下は当サイトからの特典であり、これにさらにクロスリテイリング社の、

「最重要!テクニカル分析3大基礎でトレード安定性アップ!」

3月4日(金)12時から3月10日(木)の25時59分までに4DFXに参加された方についてきます。

この特典は4DFX開発者の酒巻さんが3つの基本インジケーターを活用しながら利益になる鉄板ポイントを教えてくれる映像となっており、4DFXに追加された新映像です。
このような動画をわざわざ制作するのも酒巻さんが本気で参加者を稼がせたいという現れでしょう。

4DFXは個人トレーダーのスタンダードになる可能性を秘めているチャートです。
噂が噂を呼び、トレードを続けているならば誰しもがいつか手に入れる。
そんな気がしてなりません。

続きを読む

4DFXの開発者、酒巻滋氏にインタビューした結果

※この記事は622で読むことが出来ます

20160303_01

世界初のオリジナルチャート、4DFXですが、
前回の記事でチャート構造をまとめた通り、かなり斬新なものとなっております。

既に管理人も結果が出ており、
購入者の方も相当な手応えを感じているようで、
このシステムの凄みを徐々に感じてきています。

そこで、このチャートシステム開発した酒巻滋氏に色々と聞いてみました。
(直接聞いたのではなく販売者を通してとなります)

続きを読む