投資コラム

※この記事は529で読むことが出来ます

2017年為替市場のキーワードは金利とインフレ

※この記事は529で読むことが出来ます

2016121801

12月15日未明に発表された米国FOMCの政策決定内容は事前の予想通り0.25%の利上となりましたが、それとともに発表された金利の将来予想となるドットチャートが来年3回の利上げを見込んでいたことからドル円は暴騰をはじめ、なんと15日のNYタイムではFOMC発表時期の115円台半ばから3円以上も上伸するという異例の相場展開が続くこととなりました。

利上げが年差3回となっただけでこれだけ異常にドル円が買われることになるのかどうも不可解ではありますが、実際米国の10年債利回りも2.6%を超えることとなり、ドル円の上昇要因となったことは間違いありません。

これまでリーマンショック以降世界的に低金利が進んで中央銀行主導の低金利維持によるバブル相場が展開されてきたわけですが、2017年はFRBと日銀とではそのオペレーションが大きく異なるものになることが想定されはじめており、まさに金利に注目する時代が到来しそうです。

また米国における未曾有の財政出動と減税措置は先進国の中心地アメリカにインフレをもたらすことになりそうで、こちらも大きな注目点となりそうです。

そんな2017年の為替市場のファンダメンタルズについて今回は見ていきたいと思います。

続きを読む

徐々に見え始めてきたトランプ次期政権で出来る事と出来ない事

※この記事は533で読むことが出来ます

2016121101

来年1月20日の就任を前にトランプ政権では閣僚人事がはじまっており、長らく無言を貫き通してきたご本人もツイッターで様々なことを言い始めており、本格的な政権のスタートを前にして徐々にトランプが公約どおりできることとできないことが見え始めています。

続きを読む

ドル円相場はどこまで上昇するのか?疑心暗鬼の師走相場を分析

※この記事は554で読むことが出来ます

2016120201

怒涛の11月為替相場を経て、いよいよ12月、師走相場が始まっていますが、ファンダメンタルズではほとのど説明のつかないような動きが継続しており、チャートからも強気を示すものと必ずしもそうでもないものが混在しはじめ、この相場の先行きを予想するのがかなり難しくなってきています。

今回はドル円のさらなる上昇に向けてのポジティブポイントネガティブポイントについて整理してみていくことにしたいと思います。

続きを読む

ドル円は120円を目指すのか?米系ファンド・アルゴリズムの仕掛け

※この記事は623で読むことが出来ます

2016112701

今年は流行語大賞にもノミネートされたAI・人工知能ですが、そのAIを実装したアルゴリズムがFX市場でも猛威をふるい始めており、人が行う裁量取引では理解できないような動きも示現しはじめています。

またこれが米系ファンド勢の年末利益を視野に入れた一時的な、きわめてフェイクな動きと思われていましたが、ここまで相場が動いてしまうと過剰な動きが結果としてトレンドをも変えてしまいかねない状況に直面しつつあり、FXを行う我々個人投資家もその発想を大きく変化させなくてはならない時期にさしかかっているといえます。

11月9日の大統領選挙からここまでの動きを整理するとともに、ここから市場がどうなるのかについて今回はまとめてみたいと思います。

続きを読む

トランプ火柱相場での利益獲得・生き残り法を考える

※この記事は554で読むことが出来ます

2016112001

トランプ勝利から1週間以上が経ちましたが、株も債券も為替もまったく一息つくことがなく、ほとんど火柱相場の様相を呈し始めています。

とにかく様子見を決め込んでいても戻り売りなどのエントリータイミングはほとんど訪れることがなく、参加できないままに年末を迎えてしまいそうなとんでもない勢いになってきています。

果たしてここからどうやって相場にエントリーすべきなのかについて、今回は考えてみたいと思います。

続きを読む

選挙後まさかのトランプ大相場~どこまでついて行くべきか?

※この記事は525で読むことが出来ます

2016111201

今年後半の最大イベントとされた米国の大統領選挙は、BREXITと同様まさかの展開となり、トランプ大統領が誕生する運びとなりました。

トランプ氏大逆転にも驚かされましたが、実は金融市場ではその後の相場の動きも驚きの展開となっており、プロの投資家でさえこの流れに納得がいかないご様子で、この先相場をどう考えるべきなのか悩まれている個人投資家の方も非常に増えていることと思われます。

今回はこれまでのおさらいと今後の展開の両方について考えてみたいと思います。

続きを読む

国内でシストレは絶滅の危機~仕組み売買へとシフト

※この記事は614で読むことが出来ます

2016110401

去る10月22日、FXプライムbyGMOが提供してきたミラートレーダーがひっそりとそのサービスを終了しました。

オーダーメイドでシストレが設定できるチョイトレFXだけがかろうじて残っているだけで、より簡単に戦略を選択してシストレができるミラートレーダーサービスはインヴァスト証券とアヴァトレードなど限られたFX業者しか提供しないサービスとなってしまいました。

また気がつくと自動売買の出来るプラットフォームで一時注目を浴びたMT4のサービスを提供する国内業者も減少しており、こちらもシストレブームが完全に去ってしまったことを明確に示す状況となりました。

それとは対照的にトラリピに代表されるような仕組み売買のほうに人気は完全に移行することとなっている点が非常に注目されるところです。今回はこのシストレがなぜ国内で定着しなかったのか?また個人投資家はこの領域に何を求めているのかについてまとめてみることにします。

続きを読む

2016年11月から年末までの為替相場リスクを考える

※この記事は547で読むことが出来ます

2016103001

いよいよ今年も年末まであと2ヶ月となりましたが、米国の大統領選挙という大きなイベントを通過しても、年末まではまだかなりのリスクイベントが為替相場を待ち構えることとなり、気を抜くことはできない状況にあります。

今回はそれを整理してご説明していくことにいたします。

続きを読む

止まらないポンド下落・・イギリス、メイ首相の下で高まるEU離脱リスクについて

※この記事は535で読むことが出来ます

2016102201

BREXIT以降、意外に大きな影響が出ず、逆にポンド安でFTSE100なども大きく上昇し、EU離脱はたいした影響を及ぼさないのではと妙な楽観論も飛び出してきた英国ですが、BREXIT騒動から100日を経て、いよいよメイ首相が動き始めたことから、状況は大きく変化しはじめており、とくに為替市場には劇的な影響が出始めています。

日本にいては今ひとつよくわからない状況ですが、これをしっかり理解していませんとここからのポンド、ユーロの取引ではかなり痛い目をみてしまいそうです。

続きを読む

中国経済問題の再燃

※この記事は553で読むことが出来ます

2016101701

今年の2月後半上海G20以来ぱったり話題にならなくなったのが中国の経済問題でしたが、10月13日、貿易統計の結果が悪かったことが材料視されることとなり、為替も株もこれを嫌気して大きく調整することとなりました。

米国の大統領選挙、利上げ、ECBのテーパリング、ドイツ銀行問題に加え、英国のハードBREXIT懸念など様々な材料が満載の相場ですが、ポンドが大きく下げて為替市場をかき回している以外は、なにがメインテーマなのか正直なところよくわからないままに10月中盤まで推移してきており、懸念された米国の株式相場の下落調整もさっぱり登場しないまま11月の大統領選挙を向かえそうな気配になっています。

そこで今回は忘れたころにまた登場してきた中国の状況は一体全体どうなっているのか?本当にテールリスクとしてここから急激に顕在化することになるのかについてみていきたいと思います。

続きを読む