Black AI Strategy FX( ブラストFX )の検証とレビュー

人工知能を搭載したBlack AI Strategy FX( ブラストFX ) を購入しましたのでどのようなシステムかレビューしていきます。

販売元は恐らくここ数年で最も売れた教材であろう、
ドラゴンストラテジーFX(ドラストFX)のグローバル・ロイズ株式会社です。

商品名:Black AI・ストラテジー FX -ブラストFX-
販売者:グローバル・ロイズ株式会社

Black AI Strategy FX(ブラストFX)はRCIを使った逆張りサインツール

ブラストFXのチャートを表示させると上記のようになります。
下のサブウインドウはRCI関連の指標とみて間違いないでしょう。※根拠がありますがここでは控えさせていただきます。

RCIとは

RCIは、価格そのものを計算対象とせずに「時間」「価格」それぞれに順位をつけ、両者にどれだけの相関関係があるのかを指標化したものです。
RCIの値は、-100~+100の間を推移し価格が上昇を続ければ+100%に近づいていき高値圏と判断し、下落を続ければ-100%に近づいていき安値圏と判断します。

引用元:https://www.fxbroadnet.com/tech12.jsp

RCIは高値圏、安値圏の判断に使用するインジケーターであり、使用方法としては高値圏で売り安値圏で買いといった逆張りのトレードに用いられることが多い指標です。
ブラストFXもこの概念を少なからず使っているようです。

Black AI Strategy FX(ブラストFX)のサインの精度

チャートを一見すると矢印が多く、この矢印だけを見るとダマシが多い印象ですが、高値圏、安値圏でエントリーすることにより精度を高めているようです。

この白丸印だけを拾うためのエントリールールは非常に明確で動画で説明がありますので初心者でも理解に困ることはありません。

Black AI Strategy FX( ブラストFX )には自動決済システムが搭載されている

ブラストFXにはボタンをセットしておくだけで決済を自動で行う機能が搭載されています。

Rangeボタンを押しておくと短期決済、Trendボタンを押しておくと比較的長期の決済が行われるようです。
時間帯やその時々のボラティリティに合わせてボタンを選択するといいでしょう。(アジア時間→レンジボタン、ロンドン~ニューヨーク→トレンドボタンなど)

ただ、この自動決済ルールはあくまでチャートから離れた時のみ使用し、基本的には別途ルールに従って決済を行うことが推奨されています。

エントリーチャンスは1日平均60~75回、月間1500回は本当か!?

販売ページにて書かれているエントリー回数は非常に多く、1日平均60~75回月間1500回多いときは2500回ほどのチャンスがあるとのこと。

これについては5分足、推奨5通貨ペア「ドル円」「ユーロドル」「ユーロ円」「豪ドル円」「NZドル円」で24時間見れれば可能だとは思います。

ただ、サラリーマンの方なんかは1日2時間トレード出来ればいいほうなので、それを踏まえると1日3~10回くらいという印象です。

それでもエントリー回数に関しては多い部類に入ることは間違いなく、買ったはいいがサインに巡り合えないということはなさそうです。

利益7、損失1と謳う件について

販売ページではリスクリワードレシオ7.0という夢のような数字が書かれていますが、これについては少し疑問です。
この利益7、損失1というのはあくまでも最大値であり、5分足で短期決済だけをチョイスするならば、最大でも利益3、損失1がいいところという印象です。

忙しいサラリーマンなどは短期決済を使用するケースが多いと思いますのでこれについては注意が必要です。

とはいえ、損切ラインは非常に小さくなるルールを採用していますのでしっかりストップをいれておけばコツコツドカンにはなりにくいロジックと言えます。

Black AI Strategy FX(ブラストFX)に水平線を取り入れると精度が跳ね上がる

あなたが普段のトレードに水平線を使っているのであればブラストFXにも必ず取り入れてください。

水平線を引き、サポート、レジスタンスを意識することはトレードの基本中の基本ですのでどの手法にも応用が利きます。

下記はドル円の5分足チャートですが、1時間足で水平線を引いたチャート画像になります。
水平線付近でのサインの精度は目を見張るものがあるのではないでしょうか。

※クリックで拡大

ブラストFXの推奨時間足である5分足であれば30分足、1時間足、4時間足あたりで水平線を引いてからトレードを行いましょう。それだけでブラストFXの精度を高めることが出来ます。

水平線を本気で学びたいのであれば下記の教材は特にオススメです。

ロジカルFX 【検証とレビュー】

2015.06.04

総評

Black AI Strategy FX(ブラストFX)は忙しいサラリーマンやトレードにあまり時間を取れない人には向いている教材といえます。

ただ、相場の本質をがっちり学びたい方には向いていません。
あくまで「簡単に」「ぱぱっと」FXで勝ちたい人向けのお気軽な教材でしょう。

これまでに水平線やダウ理論、大衆心理やインターバンクトレーダーの行動心理などを学んできた方にとってはあまり必要のないツールかもしれません。

しかしながら水平線ひとつ加えることで精度はかなり増しますし、使い方によっては継続的に利益をもたらしてくれそうなツールです。

引き続き検証を行っていきたいと思います。

\ついに完成/
FX三種の神器

「なぜこれが無料?」という声多数。
一撃100pipsは当たり前、初心者が迷わない唯一のツール&トレードマニュアル(PDF 32P)

さらにコアな情報をゲット
ブログ公式LINE@

ブログでは言えない稼げる投資情報を複数持っています。ご興味のある方はLINEで♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

佐藤 まさむね

ブログ管理人。FX歴2007年~、トレード手法で使うのは水平線、ダイバージェンス、ヒドゥンダイバージェンス、プライスアクション、フィボナッチ。FXの月間最高実績2500pips、最近は暗号(仮想)通貨にハマり主にアルトコインに分散投資中。FX&暗号通貨好きな方との情報交換を欲している。