FXは高レバレッジが武器となる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
※この記事は246で読むことが出来ます

20150905_01

FXの魅力は、少ない資金でも効率よく運用できる点にあります。それを可能にしているのがレバレッジの存在です。

口座に証拠金を預けると、その証拠金に対して定められたレバレッジ倍率を掛けた取引が可能になります。例えば、10万円を証拠金として口座に入金すると、レバレッジ10倍ならば100万円、20倍ならば200万円の取引が可能になるのです。日本では2011年にレバレッジ規制によって最高倍率が25倍までと決められました。なので、先程の例えだと10万円の証拠金で、最高250万円までの取引が可能となっているのです。

レバレッジを活用して効率よく運用する

レバレッジの仕組みを、もう少し分かりやすく説明します。

現在の所持金(証拠金)が100円だとしましょう。

為替レートがドル円100円だとすると、1米ドル買うのに必要な金額は100円です。

1ドル=100円

所持金(証拠金)が100円なので1ドルを購入することが出来ます。

この取引のレバレッジは1倍となります。

通常、為替相場の動きというものは小さなものです。相場が荒れた場合でも一日に動くのは1円から2円程度の動きとなります。

仮に2円動いたとしても、先程の取引(1米ドルを100円で買った)での利益は2円にしかなりません。

ここでレバレッジを10倍にすると、証拠金が100円でも取引量を10倍にすることが可能になるのです。

10ドル=1000円

という取引を行うことが出来ます。

結果、利益も10倍となるのです。(損失も10倍になる点が要注意です)

これがレバレッジの基本です。

レバレッジを活用する事によって、少ない資金でも効率よく運用できるという意味がお分かりいただけたと思います。

海外業者のレバレッジ倍率

先程、レバレッジ規制によってレバレッジの最高倍率が25倍までと記しましたが、それはあくまで国内のFX業者に限った話です。
海外の業者には関係ありません。実際、海外業者では100倍や200倍のレバレッジは珍しいものではないのです。この倍率の違いが、圧倒的なアドバンテージとなります。

それでは先程と同じように1米ドル100円として、口座には10万円入金している状態だとします。

国内業者の場合、25倍のレバレッジで25000米ドルを買う事が出来ます。

一方の海外業者は100倍のレバレッジが可能です。この場合4倍の10万米ドルを買う事が出来ます。
もしも101円になれば国内業者の場合の利益は25000円。一方、海外業者を利用した場合の利益は10万円となるのです。

海外業者のレバレッジを利用すれば、より効率よく運用できる事が分かります。

驚愕のレバレッジ888倍

最近、XMという海外業者が人気を集めています。

人気の秘密はいくつもあるようですが、やはり最も支持されている理由は、レバレッジの高さです。何と、888倍までのレバレッジが可能となっています。

FXの世界では、レバレッジの高さは大きな武器になります。大きな利益を得るためには、大きな力を持った武器(レバレッジ)が必要なのです。それを満たしてくれるのはXMしかありません。市場で生き残るにはパートナー選びが重要となります。FXを始めるなら、ベストパートナーと手を組むべきでしょう。

XMの口座開設をする


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*