日本株で成功するために抑えるべき7つのポイント

式投資 と聞くだけで、「難しくて自分には出来ない」と思っている人は多いです。
簡単とは言いませんが、株式投資を行っている人の中には、常に勝ち続けている投資家もいます。

勝ち続けられる投資家と、勝ち続けられない投資家には、どのような違いがあるのか?

少し意識していくだけで投資の効率が劇的に変わる方法を、7つのポイントにしてまとめていきます。

 

1.大衆が買わないときに買え!

まずは株式投資とは何なのか?

今一度考えてみましょう。

株式投資の本来の目的は、投資した企業の理念に共感して事業を成功させるための資金の一部を、株として資金を貸し出す目的があります。
簡単に言えば、企業の成長のお手伝いをするわけです。

それが本来の株式投資の目的なのにもかかわらず、

「不景気だから買わない」
「この会社の株下がってしまうから売る」

という考えでは勝つまでの道のりは長いでしょう。

株式投資で勝っていくためには、大衆が買わないからではなく、不景気で大衆が積極的になれず、足踏みしているときに、いかに自分自身の理念に合った優良銘柄の株を積極的に買って行けるか が株式投資成功する第一の大きなポイントです。

2.投資は安く買って高く買う

安く買って高く買う。これは基本です。
いくら自分の好きな会社があったからといって、

「これからは電気自動車の時代だ」

と突然の思い付きで毎回購入すれば、勝てる投資も勝てない投資になってしまいます。

値段が下がっている株があるからといって決して安い株ではありません。

どんどん上がっているから高い株とは限りません。その中で、いかに正確な株価を見極めて投資していくか がポイントとなってきます。

3.安全な値段をあらかじめ決めておく

ある程度、銘柄を分析していくと良い候補のものがいくつか出てくるものです。
そのような時にまず何をするかというと、目を付けている株価に自分で買いたい値段を付けることです。
株価は常に動いています。
毎日株価をチャートで追っていると、買いたいという衝動が抑えられなくなります。
大事なのは設定した値段になったら買うことです。
待ちぼうけになることは多いですが、待ちぼうけでは損はしません。

投資で大事なことはいかに損を減らすかが大切です。

森に罠を仕掛けて熊が引っかかるのを待つように、じっと持ちます。
熊を森でひたすら追っていても捕まえられる可能性は低いですが、無警戒で餌を食べに来た熊を捕まえるのは簡単です。

そのように投資でも、買いたい価格まで下がるのをじっと待てる忍耐力も必要になってきます。

4.高値で売ろうとするな!

保有株が向上している時は、売るタイミングが難しく、いつまでも欲張って保有してしまう人が多いものです。

しかし、バブルは必ず崩壊します。過熱感が帯びている銘柄は、急に下落が始まることが多いです。
そのためにも、株価の目標値を常に決めておきましょう。

決算の結果を見て株価がどれくらいまで向上するか、どのくらいまで下落したら安くなっているのか、あらかじめ予想を立てて、目標株価になったら売却する必要があります。

例)
東証1部上場の江守グループホールディングス(株)(TSR企業コード:600000702、福井市毛矢1-6-23、設立昭和33年5月26日、資本金17億9428万1600円、江守清隆社長)は4月30日、東京地裁に民事再生法の適用を申請した。
 申請代理人は松嶋英機弁護士ほか(西村あさひ法律事務所、東京都港区赤坂1-12-32、電話03-5562-8760)。監督委員には須藤英章弁護士(東京都千代田区麹町3-3、東京富士法律事務所、電話03-3265-0691)が選任された。
 負債総額は今年最大で711億円(子会社の銀行取引等の保証債務含む)。
 平成27年の上場企業の倒産はスカイマーク(株)(東証1部、1月民事再生)に次いで2社目。

※参照元(livedoorニュース http://news.livedoor.com/article/detail/10066399/

emori_20150513
※参照元 yahooファイナンス

上記のように、東証1部上場の江守グループホールディングス(株)は2014年まで順調に推移していた株価が今では民事再生になり最高で2371円あった株価が、2015年5月7日には45円になってしまうこともあります。

この場合のように、2371円で売ろうとしなくていいわけです。
いつまでも高値で売ることに、こだわっていたらあっという間に底値になって紙切れになってしまう可能があります。

そんな場合を避けるためにも、目標株価は常に見直して設定していきましょう。

5.会社の定価が分かれば投資は勝てる

「会社に定価なんてあるわけがない。」

そう感じる人も少なくありません。
しかし、定価が分かれば勝てるのは間違えがない事実で、定価が分かる投資家はいます。
その中でも有名な投資家はウォーレン・エドワード・バフェットです。

バフェットは、毎日、会社四季報や、決算書、報告書を読むのに時間を費やし、日々の行動の積み重ねで株価の価値が把握できるようになるのです。

彼と同じレベルとは言いませんが、情報収集に力を入れ、自分で定価をつける練習をしていきましょう。
そうすることで、定価に対して安いか高いかが基準で株を買うことができるようになります。
定価に対して安くなるまで、1年も10年も待ち続けて買っていくことが勝てる投資のやり方です。

忍耐力は株式投資にとって大切な力の1つになります。

6.人気株ばかりに目を付けるな!

人気株には目が行ってしまうものです。

しかし、よく考えてみてください。人気株ということは、すでに多くの人に注目されてしまっているということです。
テレビやラジオで、

これからは○○の時代だ。○○はこれから世界的企業と進化していく。

といったニュースが流れたら、そのような株は注目されてしまい、購入する人が増えます。

こういった時に株価が定価より安く売られていることはほとんどありません。
誰しもが欲しいときは、株価はどんどん吊り上がるものです。株価が一時下がったとしても、それで安くなったと判断するのは大きな間違いです。
過熱している銘柄はとことん割高になっている可能性が高いので、値段が上がりきっている中で、株を購入していくのはかなり難しいと言えます。

人気株に目を付けないとしたら、狙いは環境による悪材料。
環境による悪材料が出た時、株価は下落します。
リーマンショックやサブプライムが顕著な例です。

このような場合に、超優良株が思いもよらない価格まで下落している場合があります。
ピンチをチャンスに変える力が大きく投資での利回りを増やします。

7.自社株買いに注目しろ!

自社株買いと聞いて、株式投資を始めたばかりの人はピンと来ないかもしれませんが、自社株買いは株をやっていく中では、大きく注目しなくてはいけないポイントの1つです。

自社の内情が好ましくない場合、社員や社長は会社の株を買いたくないものです。

会社の中身がリアルに分かるのは、社員であったり経営者だったりします。
現場を肌で感じている人は、決算書には出ない肌で感じる感覚を持っています。
社員のやる気や取締役のリーダーシップの凄さは実際に現場で体験している人にしか分かりません。
もし、自分の勤めている会社の社員にやる気がなく、取締役がだらだらしていた場合は自社の株なんて買う気が起きません。

ですから、自社の株を積極的に買っていく会社は、自分たちの株を買いたくないとは思っていない企業です。

実際、自社株買いを宣言した会社の企業の株価が大きく上がることはよくあることです。

最近、自社株買いを宣言した会社を例に出してみましょう。

アイネスがストップ高水準でカイ気配となっている。27日の取引終了後、資本金と資本準備金の額を200億円減らして、その減少額を「その他資本剰余金」に振り替えることで分配可能額を引き上げ、これを原資に今後2年間にわたって継続的に自社株買いを実施すると発表しており、これを好感した買いが入っている。取得総額は100億円の予定で、業績の向上と合わせて、17年度までにROE5%以上の達成を目指すとしている。

※参照元(みんなの株式 http://minkabu.jp/stock/9742/news/862974

上記は自社株買い宣言の翌日にストップ高になっている銘柄です。

このように自社株買いをしていくことは、好材料とみて銘柄を探していくのも投資で勝つポイントです。

まとめ

株式投資で勝っていくためには、安く買って高く売るにつきます。

単純ですが、安く買うにはたくさんの努力と知識の裏付けがあって、自分で価値を見つけ出し安い株を探していかなくてはいけません。
いかに安く買うかということだけをとことん研究して実践している投資家は多く存在します。

今からでも遅くはありません。
地道な努力を続けて、株式の価値を自分で判断できる能力を付けるために日々、学習していきましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。

\ついに完成/
FX三種の神器

「なぜこれが無料?」という声多数。
一撃100pipsは当たり前、初心者が迷わない唯一のツール&トレードマニュアル(PDF 32P)

さらにコアな情報をゲット
ブログ公式LINE@

ブログでは言えない稼げる投資情報を複数持っています。ご興味のある方はLINEで♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

佐藤 まさむね

ブログ管理人。FX歴2007年~、トレード手法で使うのは水平線、ダイバージェンス、ヒドゥンダイバージェンス、プライスアクション、フィボナッチ。FXの月間最高実績2500pips、最近は暗号(仮想)通貨にハマり主にアルトコインに分散投資中。FX&暗号通貨好きな方との情報交換を欲している。